「吉田」タグアーカイブ

W杯2018予選 日本 vs タイ 2-0

タイ

日本 4 – 0 タイ
香川 真司 前半8分
岡崎 慎司 前半19分
久保 裕也 後半12分
吉田 麻也 後半38分
得点
警告

採点

Pos No. 選手名 採点 寸評
GK 1 川島 永嗣 7.5 前半での決定的なピンチを防ぎPKまでも止める活躍
DF 5 長友 佑都 4.5 基本的にはいい守備を見せたが最後の所でPKを与えてしまった
DF 6 森重 真人 5.0 やや不用意なミスが目立った
DF 19 酒井 宏樹 4.5 サイドを押し込まれるやや不安定なプレーもあったが高さを使ったいいプレーも見せた
DF 21 酒井 高徳 5.5 ボランチでの起用だが無難にこなした
DF 22 吉田 麻也 7.5 浮ついた守備陣の要として致命的な場面を防ぎきり高さでの武器も見せた
MF 10 香川 真司 6.5 先制点を決めたが、途中惜しいチャンスを何度もはずした
MF 16 山口 蛍 5.0 0点には抑えたが中盤を完全に支配するには到らなかった
FW 8 原口 元気 5.5 守備での献身的なプレーが目立った
FW 9 岡崎 慎司 7.0 2点目を決めて試合を決めた
FW 14 久保 裕也 8.0 1ゴール、2アシスト。攻撃面で決定的な仕事をした
交代
MF 4 本田 圭佑 5.5 交代:後半21分 入る事でプレーのつなぎが良くなり、ポゼッションが安定した
MF 13 清武 弘嗣 6.0 交代:後半29分 1アシストでセットプレーのキック精度を見せた
FW 11 宇佐美 貴史 5.0 交代:後半39分 短い時間では違いは見せる事が出来なかった
監督 ハリルホジッチ 6.0 上手くメンバーをターンオーバーしながら手堅く勝利を収めた
試合後、ハリルホジッチ監督のコメント

「今日も勝ったけど簡単なゲームではなかった。我々は現実的なプレーをして効果的に勝てたと思う。しかし、相手に危ない場面を何度もつくられた」

日本代表の印象

連携やパスのつながりはあまりよくなかったが、決定的な場面では鋭い攻めを見せて点を重ねる緩急の差が激しい狡猾なプレーが目立った。

試合の総評

点差は4点と一方的に日本が攻めたよう見えるが、実際にはかなりタイもいいサッカーをしており、最後の所のフィニッシュの精度やアシストの精度の違いで勝負を分けた。タイのプレーはシュート数は日本より多く、セットプレーの精度もたかいし足元は意外とテクニックがあった。少し前の日本代表を思わせるようなプレーだったが、最後の個の力の差で日本が勝ったように思う。

スタッツを一つ二つ

14 シュート 15
11 直接FK 8
3 間接FK 2
3 CK 6
0 PK 1
10 GK 4
3 オフサイド 2

暫定3位、リーグ最小失点、CBは吉田麻也

吉田のアシストも素晴らしかったが、これでチームとしてもサウサンプトンは3位に浮上。少し前のお馴染みの顔ぶれが並ぶプレミアとは様子が違ってきた。しかも、今のサウサンプトンはプレミアリーグでもっとも失点が少ない。そのチームのCBに日本人の吉田にがいるという事がどれだけ凄い事なのか、あまり理解されていないような気がする。プレミアリーグは笛の基準が違うので荒いプレーが多いし怪我もしやすい。それもCBとして日本人が。そして、更にこの試合ではSBにうつってダイレクトのパスでアシスト。これは守備陣が余り海外で活躍できていない日本人選手にとっては快挙といっていいと思う。

Premier League Summary  WhoScored.com

not606 を黙らせる吉田の一撃

吉田麻也

ゴールしなくてDFとしても最近の吉田は十分復調しており、日本人の代表史上でも屈指のDFに育ちつつあるのではないかと、最近は思っている。何しろまだ若いので今後の活躍も十分に期待できる。


https://www.youtube.com/watch?v=J7ZuIaSaQNg

現地サポーターが集うネット掲示板「not606」では、吉田選手のパフォーマンスに満足しないサポーターと擁護するサポーターの意見が真っ二つに分かれている。内容は主に「吉田選手がマークを外した」「ブロックが満足に出来ていない」という批判と、「他のディフェンダーを差し置いて吉田だけを非難するのはおかしい」というものだ。

「ヨシはアタッカーの動きを予測するのが上手くない」との意見がある一方で、「彼の判断力は早いほうだと思う。あら探しのしすぎじゃないか?」という擁護派もおり、議論は堂々巡りとなっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/9558134/

こういう事を言っていた人はやっぱり掌返しするのだろうか。こういう層は、いつもサッカーでは出てくる。例えば、一時期、日本代表の守備責任を何故か全部吉田、今野、内田に押し付けていた集団と内容的にかなりの類似点がある気がしている。その頃、攻撃では長友は目立っていて高い能力を見せていたが、当時も守備に関してはポジションが前に行き過ぎていて一番長友が問題あった。まあ戦術的に長友の上がりを期待する攻撃だったのでしかたがないのだが、しかし、それが何故か逆サイドの素晴らしい守備をしていた内田の責任になったり長友のカバーに入らざるを得ない今野のせいになったりしていたのは不思議でしょうがなかった。いや、そういう戦術なんじゃないのかと。香川叩きなども同様で叩き方が不思議なのだ。例えば叩くにしても香川はヘディングはあまり得意ではない。そういう実際見えてる問題に対しては何故かスルーしていたりする。アンチならこう言う所は叩きやすいとは思うのだけどね。何故か良く分からない不思議な理由で叩くのだ。本田に関しても、ロシア時代の後半からは相当不調だったにも拘らずコンディション面を無視して褒めまくっていたのに、イタリアに行くと急に何故か日本人による本田叩きが始まったのも不思議だった。イタリアに来る前から不調だったのにもかかわらずだ。アンチというのは妙な所を叩くという傾向があるように思う。

吉田に関しても同様で、以前の怪我をしていた時期や明らかに不調であった時期に比べ、明らかに吉田は改善してきている。そもそもの問題として、サウサンプトンの問題はDFだとは思えない。何故ならサウサンプトンは現在チェルシーと並びリーグ最小失点という素晴らしい守備を見せているからだ。それにも拘らず何故かむしろ以前よりも吉田がより批判の対象になっているような気がする。まあ、どういう理由(理由が見当たらないので気持ちと書くべきか)で叩いているのかは分からないが、プレミアリーグでは日本人が異常に叩かれる。恐らく白人特有のアジア人への蔑視や、中国や韓国など反日色の強い国での視聴数が多い事は無関係ではないと思う。そういう点でも日本人はプレミアには行かない方がいいのではないかと個人的には思っている。現状ではリーガやブンデスの方が上位のレベルが高く、リーグ平均のレベルでもリーガやブンデスがプレミアにそれ程負けているとは思えない。プレミアは審判の笛が緩いので怪我の危険性も高い点も気になる。

吉田麻也の誤解と盲点「危険な選手の隣に居て欲しいのは吉田麻也」

 吉田の守備が酷いという風潮は偏見だと個人的には思っている。そして吉田が持つ本質的な弱点は別にあるような気がする。というような事を以下データを見てて思ったので書いてみる。まず、前回の日本vsコスタリカ戦でも多くのサイトで吉田の守備の不安要素を語り、森重の安定性について主張する話が多かったが、単純なボール奪取回数とボールロストした回数を見ると吉田に対する一部の主張は偏見なのではないかという気がしている。まずは、それについてのデータが下の表だが、ボール奪取回数とボールロストした回数を出している。

選手名 ボール奪取回数 ボールロスト回数
22吉田 麻也 14 1
16山口 蛍 13 2
6森重 真人 7 1
21酒井 宏樹 6 0
4本田 圭佑 6 1
1川島 永嗣 6 2
15今野 泰幸 5 1
10香川 真司 5 2
14青山 敏弘 4 1
7遠藤 保仁 4 1
18大迫 勇也 3 2
2内田 篤人 2 1
13大久保 嘉人 1 1
5長友 佑都 0 0

http://www.football-lab.jp/japan/report/?year=2014&month=06&date=02

調べて見ると、さらに一試合前のキプロス戦も同様に吉田がボール奪取回数No1だと分かる。この二つの試合でも吉田を批判的に語る論調はあったが、この数字を見る限り吉田の守備の問題は、単純な対面能力ではない。むしろ代表チームでは最もボールを奪う、山口と共にボールを奪う能力に特化した選手だといえるだろう。

そこで、タイトルに書いたように「危険な選手の隣に居て欲しいのは吉田麻也」なのだが、これの意味する所は、危険な選手の隣に吉田がいない時があるという事。ちゃんと相手に寄せてさえ居れば吉田は現在の代表で最もボールを奪うのが上手い選手だといわざるを得ないが、その吉田も相手の近くに居ない事には守備が出来ない。あえて吉田の問題とこれからの課題を考える場合は、試合中に見える重要なタイミングでマークを外して相手をフリーにしているシーンなどこそが吉田の本質的な問題だと思う。

同様に分かる選手の守備能力の問題

ちなみに、同様の問題は香川や本田に対しても向けられており、何故か日本では「トップ下=守備ができない」というような論調が中村俊輔以来常に付きまとっているが、実はこういう数値を見ていくと完全な誤解だと分かる。コンディションが悪いとされ守備も批判されていた本田だが、このコスタリカ戦に関しては守備では機能していたといわざるを得ない。また、特に香川はこの試合に限らず安定して常にボール奪取回数が多く。香川の守備能力が代表全体を見てもむしろ高い方だと分かる。香川の場合はインターセプトが上手くパスカットのスタッツが他の情報で見ても素晴らしい数字を常に出している。プレミアリーグにおいても香川のインターセプト回数は素晴らしくマンUの攻撃陣でも1位2位を争う。この数字を見る限り香川の守備に対する批判は、日本の一部のサッカーファンの間に漂うあまりに印象的すぎた中村俊輔の亡霊といわざるを得ない。