「Stat」カテゴリーアーカイブ

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟) とは

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟) とは、サッカーのクラブチームなどの世界ランキングなど(クラブチーム以外のランキングも作っている)を出している組織。ただしFIFAとは関係がない。*FIFAによる説明

最近発表されたIFFHS(国際サッカー歴史統計連盟) のクラブワールドランキングが報道されて、その関係でこのサイト以前紹介していたページに来る人が結構いたようなので、混同しやすい部分を補足しておく事に。

報道されていたニュース

地に落ちたミラン、世界クラブ・ランクで驚愕の159位…1位はレアル

 IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)が2014年の世界クラブ・ランキングを発表し、日本代表FW本田圭佑が所属するミランが159位となっていることが分かった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が13日に報じている。

http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20150114/270971.html

 国際サッカー歴史統計連盟が13日、2014年の世界クラブランキングを発表。Jリーグで最上位は157位のJ1川崎Fだった。

 国際サッカー歴史統計連盟は、世界中の公式戦結果を元に同ランキングを作成。チャンピオンズリーグ2013-14シーズン王者のレアル・マドリードが1位に輝き、2位には同大会4強のバイエルンMが入った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00000127-spnannex-socc

こんな感じでミランの順位が低かった事で2chなどでは散々な酷評がされていたが、このランキングの特殊性というのに付いてまず理解しておかなければいけないだろう。

CLUB WORLD RANKING(CWR)の特殊性と注意点

ランキングは毎月発表される

まず、このCWR(クラブワールドランキング)は実は毎月発表されているので、刻々と変化していく。ちなみに2014年の1月のランキングではミランは26位で極端に低いわけではない。

2014年1月のランキング Top 30

(1st February 2013 – 31st January 2014)

Pos (dec/13) Club Nation/level Points
1 = FC Bayern München Deutschland/4 370,00
2 = Real Madrid CF España/4 292,00
3 = Chelsea FC, London England/4 275,00
4 = Club Atlético de Madrid España/4 253,00
5 = FC Barcelona España/4 247,00
6 = Paris Saint-Germain FC France/4 244,00
7 +1 Tottenham Hotspur FC, London England/4 240,00
8 1 FC Basel 1893 Schweiz/3 239,00
9 1 Clube Atlético Mineiro, Belo Horizonte Brasil/4 238,00
10 +1 FC Rubin Kazan’ Russia/3 223,50
11 1 SL Benfica, Lisboa Portugal/3 219,50
12 +3 Arsenal FC, London England/4 218,00
13 +1 Club Independiente Santa Fe CD, Bogotá Colombia/3 217,00
14 2 BV Borussia 09 Dortmund Deutschland/4 216,00
15 2 FC Viktoria Plzeň Ceská Republika/3 214,50
16 1 Manchester City FC England/4 214,00
17 +21 ACF Fiorentina, Firenze Italia/4 206,00
18 +1 Juventus FC, Torino Italia/4 203,00
19 +4 Celtic FC, Glasgow Scotland/3 202,00
20 +1 SC FC Steaua Bucureşti România/3 200,50
21 +1 Club Libertad, Asunción Paraguay/3 199,50
22 +2 CA Vélez Sársfield, Buenos Aires Argentina/4 197,00
23 +4 Club Atlético Nacional SA, Medellín Colombia/3 195,50
24 4 SS Lazio, Roma Italia/4 194,00
25 = Trabzonspor AŞ Türkiye/3 193,00
26 +10 CFP Universidad de Chile, Santiago Chile/3 188,00
26 +9 AC Milan, Milano Italia/4 188,00
28 +18 SSC Napoli Italia/4 188,00
29 12 Club Olimpia, Asunción Paraguay/3 187,50
30 4 Manchester United FC England/4 187,00

http://www.iffhs.de/cwr-january-2014/

ポイントの計算の特殊性

では、何故ミランのポイントが極端に低く算出されていたのかというのが気になると思うので、その辺の説明。このランキングは過去のタイトルなどを考慮に入れず、単純に期間内の試合の勝敗のポイントを加算していく。つまり、一般的にイメージするクラブチームのブランドや長い目で見たときの平均値は反映されずピンポイントで計測期間内に行われた試合の結果だけが影響している。そして、CLなどの試合が行われたリーグの種類に応じて勝敗で加算される点数に違いがある。ポイントの加算がどうなっているのかが公式ページの表に出ているので紹介してみる。

CONTINENTAL COMPETITIONSpoints/match

W

D

L

UEFA Champions’ League

14

7

0

UEFA Europa League

12

6

0

UEFA Super Cup

14

7

0

Copa Libertadores (CONMEBOL)

14

7

0

Copa Sudamericana (CONMEBOL)

12

6

0

CAF Champions’ League

9

4,5

0

Confederations Cup (CAF)

7

3,5

0

AFC Champions’ League

9

4,5

0

AFC Cup

7

3,5

0

AFC Presidents Cup

4

2

0

CONCACAF Champions’ League

9

4,5

0

OFC Champions’ League

5

2,5

0

FIFA Club World Cup (final not included)

14

7

0

FIFA Club World Cup (final)

21

10,5

0

http://www.iffhs.de/explanations-cwr/

見たら分かるように、CLの勝敗で付くポイントがかなり高い。ミランはリーグで順位落としておりCLに出場できなくなっているので、当然去年のミランはCLの試合が1試合もない。したがってポイントも低くなる。更に、リーグでもあまり勝てていない事を考えると勝敗だけでポイントを見た場合伸びる理由がない事になる。ただ、所属しているリーグによってレベルが4段階に分けられており、レベル4のリーグならば少ない勝ち星でもポイントが延びやすいため、それなりにミランのポイントも維持されJリーグのほとんどのチームよりは順位が高くなる。リーグは下の表ように4段階に分けられている。

DOMESTIC LEAGUESpoints/match

W

D

L

Level 4

4

2

0

Level 3

3

1,5

0

Level 2

2

1

0

Level 1

1

0,5

0

example: Germany/4, Portugal/3, Austria/2 or Kazakhstan/1

このシステムだと負けても減点がないので、単純に試合数が多い方がポイントが稼ぎやすいという穴があるような気はする。

降格が見えてきたドルトムントは一体なにが問題なのか

ドイツのブンデスリーガから急激に台頭したドルトムント。CLでまだ活躍しているが、リーグでは去年までの上位争いをしていたが嘘のように、今シーズンに入って一転して負けている。今シーズンは既に降格の危機にある。これは何故なのか。実は、リーグ初めの頃に香川がドルトムントに復帰した時点で、明らかにチームには沢山の問題があった。中でも一番の問題は怪我人の多さで。主力メンバーのほぼ全てが怪我をしており11人のうち数人しか主力メンバーがでれない状態で香川も合流する事になった。下の表はその時の怪我人のリスト。

14年夏頃のドルの怪我人リスト
DF マッツ・フンメルス 足の筋肉
DF マルセル・シュメルツァー ハムストリング
MF ヤクブ・ブワシュチコフスキ 前十字靱帯断裂
MF ヌリ・シャヒン 足の腱の炎症
MF オリバー・キルヒ 筋肉系のトラブル
MF イルカイ・ギュンドガン 背中痛

ちょっと見ただけでもほとんどのポジションに人がいない。ここから更に以前いた主力の FW ロベルト・レヴァンドフスキが、その前には MF マリオ・ゲッツェ がバイエルンに引き抜かれておりメンバーが大幅に入れ替わっていた。このため連携に問題がある新しい組み合わせで試合に臨む事が多く、この状況の中で去年まで得点を決めていた選手たちも不調に苦しみ。プレーもあからさまに空回りしだしていく、下に少し前のドルトムントのゴールランキングを乗せてみよう。分数は1ゴールするのに要した時間。

オバメ 296min 4G
ロイス 196min 3G
インモ 241min 2G
ラモス 325min 2G
牛丼 442min 1G
香川 735min 1G
ソクラ 827min 1G

まず、ゴール数自体が少なく最多得点のオバメですら4点しか決めていない。ゴールする効率がいいのはロイスとインモービレだが、更にこの後の試合で主力だったロイス、インモビレという数少ない好調だった攻撃陣も怪我。それ以外にも MF のムヒタリアンも怪我と次々に離脱。さらに DF は主力メンバーが抜けてた影響か CB の要であるフンメルスの怪我だけではなく CB ソクラティスまで怪我。DF まで、ほぼ控えメンバーで構成する事になる。

更に追加される怪我人
FW チロ・インモビレ 腰の打撲
MF ヘンリク・ムヒタリアン 腰の打撲
MF マルコ・ロイス 左足首の負傷
DF ソクラティス・パパスタソプロス 腓骨骨折

MF も大量の怪我人や怪我明けの選手ばかりのため FW を MF に下げて使うなど苦肉の策が強いられることも。そんなメンバーの中で CL に出場しているドルトムントは CL の試合とリーグの試合が同時にある過密日程で試合があるのでメンバーのターンオーバーだけでも精一杯という状況に。これ以外にも、控えの選手まで何故か怪我人が出ており、全てのポジションでほぼ主力メンバーが揃わない中で順位を降格圏まで落としてきた。現時点での問題はというと、怪我明けのメンバーが上手く融合できておらず、相変わらず主力メンバーが半分ほど抜けているという点で、攻撃が機能していない。例えば今シーズンの最近のドルトムント試合でのシュート数を見てみよう。

最近の試合のシュート数

相手チームのシュート数 ドルのシュート数 試合結果
ブレーメン12 ドル14 試合2-1
ウォルフスブルク10 ドル17 試合2-2
ヘルタ5 ドル18 試合1-0
アンデルレヒト8 ドル19 試合1-1
ホッヘンハイム6 ドル19 試合0-1
フランクフルト10 ドル17 試合2-0

シュート数で圧倒しているにも拘らず点数では負けていく。枠内へ飛ぶシュート数も大体このシュート数に比例しており、基本的にシュートを打ってもドルの方が得失点差で負けていくという事に。枠内に飛んだシュートの GK のセーブ率が古いデータだが、ここに詳しく出ている。見ていくと大体70%程度という風に見ていい。するとこれを枠内に飛んだシュート数に対して比較してみていくとGKのセーブが問題なのか、そもそもシュートが打たれすぎているのかが区別できる。例えば一番最近のブレーメンvsドルトムントの試合で見てみよう。

ブレーメンの枠内シュート数 ドルの枠内シュート数 試合結果
3 5 試合2-1

70%でセーブされるという事を頭に入れてみると。ドルは枠内に5本うって5本ブロックされており、これはちょっと驚異的なセーブされ率といっていいだろう。こういうのを見ると、ドルトムントはシュート数が多いのでシュートまではいけている事は分かる。ただ、シュートを打つ割に決定率が異常に低いのだ。それが何故かは私には分からないが、今後のクロップの手腕を見るには良い注目点なのではないかと思う。

ちょっと思った守備のスタッツ事

GK のスタッツにセーブ率があると非常に分かりやすくなるのではないか。また同様にDFラインのシュートブロック率というのも実際は簡単に結果で見えるわけで、何本うったうち何本ブロックしているかと、そもそもシュートされている本数が多いという場合分けで問題点を切り分けてみる事が出来ると思う。そもそもシュートされる本数が多い場合はDFだけではなくMFなどもボールを自陣へ運ばれやすいという事から単純にDFラインの問題ではないといえるし、ブロック率が極端に低い場合はDFがマークについていない事を意味すると思うので、GKばかりは攻めることができない。GKも失点が多くても枠内へ飛んだボール自体が多ければ単純なGKのミスともいえなくなると思う。現状のサッカーのスタッツは攻撃陣の得点やパスなどに注目点が多く集まっているので、このいう部分は分かり難いところだと思う。

世界のサッカーリーグの平均年俸

『国名/リーグ名/1選手あたりの平均年俸』

1.イングランド/プレミアリーグ/約4億1400万円

2.ドイツ/ブンデスリーガ/約2億6500万円

3.イタリア/セリエA/約2億3900万円

4.スペイン/リーガエスパニョーラ/約2億2000万円

5.フランス/リーグ1/約1億8000万円

6.ロシア/プレミアリーグ/約1億6400万円

7.ブラジル/カンピオナート・セリエA/約1億600万円

8.イングランド/チャンピオンシップ/約8800万円

9.トルコ/スュペル・リグ/約8100万円

10.メキシコ/リーガMX/約4800万円

(中略)

24.日本/Jリーグ/約2300万円

http://www.footballchannel.jp/2014/11/15/post56138/

平均年俸

http://www.reddit.com/r/soccer/comments/2ma0i7/average_salaries_in_the_worlds_major_football/

ミランの歴史に残るMFたちのゴール数

面白いツイートを見つけたので紹介してみる。以前から日本では MF に対するゴール数の評価がおかしい気がするので、過去の伝説的なMF達がどれくらいゴールしているか興味深く見れるはずだ。

ミラン歴代10番 1年目/2年目の得点数 ボバン(1992-00)13戦0点/20戦4点 ルイコスタ(01-05)22戦0点/25戦0点 セードルフ(06-10)32戦7点/32戦7点 ボアテング(11-12)19戦5点/29戦2点 本田圭佑(13-)14戦1点/2戦2点

https://twitter.com/shiratori_twit/status/511477464212590593

ミランの歴史に残るMFといえば、サッカーの伝説に残るようなMFといってもいい。特に日本人MFの得点数を異常に気にしている人たちは得点以外の評価がMFでは優先されているという事実に気づくべき。サッカーにも、他のスポーツの様にやっぱり数字の見方ってモノがあると思う。日本人だって野球の数値は適切に見ることができる。150kmで投げれは速い球で120kmで投げれば遅い球だと直ぐ分かる。1番打者のホームランが低くてもあまり気にしないように、本来MFのゴール数はそんなに絶対に必要な数字ではない。日本でも野球と同じようにサッカーの数字が分かるようになったら、少なくともゴール数が少ないからという理由で不当なバッシングや本田叩きは起きなかったはずだ。香川についても同様だ。まして、マスコミがそれに同調するというのは常識的には考えられない。あの人たちはサッカーなど何も知らないんだと思う。

2014年の欧州のリーグ毎の移籍金額と移籍人数

夏の移籍市場で5大リーグで費やされた移籍金

Latest figures; $2.14B spent by the #BIG5 countries this summer. #transferdeadlineday is over

この夏にビッグ5は移籍に 2.14 billion (21.4 億ドル) 費やした

この夏の移籍で5大リーグで契約した選手の人数

day is closed; 1164 players engaged this summer by ENG, ESP, FRA, GER & ITA.

この夏、イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、イタリアで1164人のプレイヤーが契約した

その国で最も人気のあるスポーツで色分けした世界地図

reddit で出ていたその国で最も人気のあるスポーツで色分けされた世界地図。サッカーが如何に世界的なスポーツかよく分かる。

gLJZbix
http://www.reddit.com/r/sports/comments/240etg/most_popular_sport_by_country/

世界のフットボールクラブチームランキングTop200(その2)

前回紹介したクラブチームランキングとは別の組織による、世界のフットボールクラブチームランキング。こちらは IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟) によるもので、以前のは footballdatabase.com によるもの。どちらも違う基準があるようで若干順位が違う。ポイントについては違うポイントの基準らいしく全く別の数字になっている。

IFFHS のページは http://www.iffhs.de/club-world-ranking/ こちら。そのランキングを日本語で紹介しているページがあったので、ランキング表はそちらから紹介する。

サッカー クラブ世界ランキング(2013年版) IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟) - ULTRAZONE
http://ultra.zone/IFFHS-Club-World-Ranking

フットボールクラブチームの世界ランキング Top 50(その1)

世界のフットボールクラブチームのランキングが footballdatabase.com でポイント計算されて公表されているのが、面白かったので紹介。

World Football - Soccer Clubs Ranking - FootballDatabase
http://footballdatabase.com/ranking/world/1

日本のクラブチームは5つほどランクインしており、最上位はサンフレッチェ広島で295位にランクインしている。日本のチームだけに絞ると下のような感じでランク付けされている。

Japan Football - Soccer Clubs Ranking - FootballDatabase

ちなみに、別の団体によるランク付けもあるので、後でそちらも紹介する予定だ。追記:世界のフットボールクラブチームランキングTop200(その2)を投稿しました。

ブラジルvsドイツ 2014W杯

ドイツのショートパスを主体としたカウンターがブラジルを切り裂く

ブラジル 1 vs 7 ドイツ
0 (前半) 5
1 (後半) 2
ブラジル ドイツ
得点 オスカル (後半45分) トーマス ミュラー (前半11分)
ミロスラフ クローゼ (前半23分)
トニ クロース (前半24分)
トニ クロース (前半26分)
サミ ケディラ (前半29分)
アンドレ シュールレ (後半24分)
アンドレ シュールレ (後半34分)
警告 ダンテ (後半23分)
ブラジル ドイツ
18 シュート 14
14 直接FK 11
0 間接FK 3
7 CK 5
0 オフサイド 3
51 ボール支配率 49

http://brazil2014.yahoo.co.jp/game/result/?gid=2014070801

2014年ブラジルW杯で、恐らくもっとも衝撃的な試合となったブラジルvsドイツ戦。実は試合前情報でもブラジル人たちはネイマールの怪我とチアゴシウバが欠場により、始まる前から苦戦するだろうと予想をしており半ば敗戦ムードすら漂っていたという部分がある。そしてその攻守の要がかけた代償は思った以上に大きかったようだ。試合の総評は、すでに語りつくされてそうだし、特にいう事がないのでこんな所で。

スタッツを一つ

この試合で気になったスタッツを一つ二つ。あちこちのニュースやブログなどで、ドイツのメンバーはバイエルンの選手が多く、パスサッカーが炸裂して買ったのでペップの影響が大きい。というような話が良く出ているが正直、スタッツは全くそうではない。下に両チームのパス回数とポゼッションを載せる

ブラジル ドイツ
381 パス成功回数 428
86% パス成功率 84%
47% ポゼッション 53%

http://www.goal.com/jp/match/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB-vs-%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/1220138/stats?ICID=MP_MS_4

パス回数はドイツが多いが、パス成功率ではドイツが負けており、ポゼッションもそれほど差がない。これはどういう事かといえば、ドイツは攻撃時に早く攻めたという事だ。ショートパスは主体としたが、バルサやペップ流にポゼッションを高める為のボールキープは選択していない。逆にこのパス回数と試合内容としてはポゼッションが低すぎるので、ドイツはボールを取ったらすぐにショートパスを主体としたカウンターで攻めあがったといえると思う。これはバルサ流の兎に角ボール保持率を高めるやり方のサッカーとはとても呼べないし、カウンターだからといっても一発のスルーパスやロングパスでCR7が裏へ出てドリブルで切り裂くレアルのような今良く見るカウンターサッカーとも別のスタイルだといっていい。持ち上がる時に細かく繋ぐショートパス主体のカウンターチームという組み合わせは、結果的に見てみると意外と新しいサッカーだといわざるを得ない。

2014年のW杯チームの平均年齢は?

Average age for all 32 World Cup squads in 2014

average-age-of-2014-wc-squads1

http://infostradalive.com/2014/06/03/analyse-this-argentina-aiming-to-become-oldest-world-champions/

アルゼンチン代表:28歳336日
ホンジュラス代表:28歳208日
ウルグアイ代表:28歳200日
ポルトガル代表:28歳193日
イラン代表:28歳179日
ギリシャ代表:28歳179日
ブラジル代表:28歳131日
スペイン代表:28歳91日

チリ代表:27歳363日
ロシア代表:27歳357日
イタリア代表:27歳329日
コロンビア代表:27歳318日
コートジボワール代表:27歳303日
アメリカ代表:27歳296日
エクアドル代表:27歳285日
コスタリカ代表:27歳221歳

メキシコ代表:27歳94日
日本代表:27歳84日
クロアチア代表:27歳66日
フランス代表:27歳32日
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表:27歳20日
カメルーン代表:26歳226日
アルジェリア代表:26歳222日
オランダ代表:26歳170日

オーストラリア代表:26歳132日
ドイツ代表:26歳114日
韓国代表:26歳71日
スイス代表:26歳24日
ベルギー代表:26歳15日
ナイジェリア代表:25歳297日
ガーナ代表:25歳244日

次のW杯を担う選手は大体何歳か

こういう数値を見ると日本代表が年寄りすぎるのか若すぎるのかなどもわかって、次の4年後のチーム作りをする際には非常に参考になると思う。平均年齢が26歳から27歳程度になっているチームが圧倒的に多い。ベテランを入れることを考えるとベテランを抜いた平均値が若干低めにならないと、平均値はもっと高くなるので、今の日本人で23歳から21歳くらいの選手が次のW杯メンバーには多くなる可能性が高い。