「韓国」タグアーカイブ

東アジア杯2017 日本vs韓国

韓国* 4 – 1 日本
前半13分 キム シヌク
前半23分 チョン ウヨン
前半35分 キム シヌク
後半24分 ヨム ギフン
得点 前半3分 小林 悠
前半2分 チャン ヒョンス
前半5分 コ ヨハン
警告 前半21分 車屋 紳太郎

*中継があったテレビの表記が何故か韓国-日本の表記だったので合わせたが、本来左側にホームのチームを書くべきなので順番がおかしい。放送はフジテレビ。解説はラモス。小野。山口。後半になったら何故か「日本-韓国」に表記が変わっており前半後半で表記が変わる前代未聞の謎のシステムとなっていた。

採点

Pos No. 選手名 採点 寸評
GK 12 中村 航輔 6.5 失点はしたものの前回に続き素晴しいセービングを見せた
DF 3 昌子 源 4.0 今までの試合と違いハイボールで放り込まれる形が何度も見られハイボールに対する対処がよく分かる試合だった。主に対応していた昌子が高さで何度もせり負け少し強い相手ではハイボールでの勝負に不安が残る結果になった
DF 5 車屋 紳太郎 3.5 上がるタイミングが悪く基本的な守備ができていなかった。昌子がカバーする形で引っ張り出されて中があくという危ない形になんどもなった。出場した2試合続けてかなり問題があり代表レベルにはないように感じた
DF 6 三浦 弦太 4.5 競り合いにかてず韓国が中にロングボールを放り込むだけで日本を崩せてしまう形になっていた。高さでの勝負以外も守備の連携も課題が残った
DF 22 植田 直通 5.0 日本のDFラインはロングボールだけでボロボロになっていた状態で、DFが毎回一枚足りず右か左で誰かがフリーになる形を繰り返した。攻撃参加とクロス精度は相変わらず素晴しいモノがあった
MF 2 井手口 陽介 4.5 後半21分OUT 積極性は見せたがボールを上手くつなげずロストを繰り返し、相手に中盤を支配された
MF 13 土居 聖真 5.0 体の強さやポストプレーでは持ち味を見せたが連携が上手くいかずボールをつなげなかった
MF 17 今野 泰幸 4.0 守備ではいいプレーも見せたが、相手の荒さがあったとはいえ堅実なプレーが求められるベテランとは思えない浮き足立ったプレーが目立ちボールをロストする流れを繰り返した
FW 7 倉田 秋 4.0 後半36分OUT 序盤ボールがつなげず持ち味の運動量も有効ではなかった。中盤で流れを作ることが出来なかった
FW 11 小林 悠 4.5 ボールが前まで運ばれないので仕事が出来なかった。PKで1得点はしたが1点オウンゴールもした。オウンゴールがなければプレー自体は悪くはなかった
FW 14 伊東 純也 4.5 後半24分OUT 縦への突破は悪くないプレーがあったがあまりにも簡単にボールを失いすぎた
交代
MF 16 三竿 健斗 4.5 後半21分IN 交代で入ったが違いを見せることは出来なかった。まだ
FW 9 川又 堅碁 5.0 後半24分IN 体の強さは見せたが点にはつながらなかった
FW 18 阿部 浩之 5.5 後半36分IN 短い時間ではあったが相手のラインの裏へ抜ける動きが効果的に機能し攻撃を活性化させた
監督 ハリルホジッチ 5.5 選手のテストという目的は果たしたが結果は出なかった。辛抱強く若手を使った点は評価したいが韓国の戦術に対応できていなかった。日本の守備のについては韓国が良く分析していた。こういう日本のやり方をよく分かっている相手、よく分析してきている相手にどう戦うかは課題。試合中の戦術に関してはHTでの修正には失敗しており、選手交代も遅く判断に迷いを感じた。また高さを持ち味とする相手にロングボールを指示したため身長勝負になった。

試合後のコメント

DF昌子主将「いい時間帯に点が入って勢いを見せることができたと思う。そこから、監督にも『少し全員プレーするのを怖がっている』と言われたように、そういう風にとられてもおかしくないプレーだった。僕自身も相手の得意なプレーでやられた。反省するところが多い試合だった。攻守の切り替えが韓国の方が早かった。僕らが組み立てなくても真ん中を閉じているので隙を作れなかった。個人としては韓国、中国、北朝鮮は全部初めて。ACLを除いてこういう大会は初めて。アジアのレベルを肌で感じられた。監督から主将を命じられて、主将としても未熟なこの3試合だった」

 FW小林「後ろが“重たかった”。下がり過ぎたと思う。後ろで守備の時も余ってる選手もいたし、後ろからはめていって前に押し出せればよかったと思うが、少し重たかったかな…。後ろの3枚(の相手DF)を自分一人で追っている感じだった。もうちょっとうまく前に押し出して守備できれば、もうちょといい攻撃につなげられたかなと思う」。

 ハリルホジッチ監督「このチームが日本より強いことは試合前から分かっていた。レベルに差があった。韓国は勝利に値していたと。しっかり結果を残すことを望んでいたが、1点目を決めたあと、プレーを止めてしまった。なぜだかはわからない。相手がその状況をうまく利用して2得点。そこで我々のバランスが崩れた。韓国の方が格上だったと思う」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000172-sph-socc

コメントを見た感じ、一番客観的に試合を見ているのは小林ではないかと思った。ハリルは言い訳を言うのを良しとしていないようだし、昌子は冷静さを欠いているようだった。明らかに高さとフィジカルでCBが負けていた部分が大きかったと思う。勿論、小林も自分のオウンゴールがあったりと後ろばかりの問題ではなかったと思うが全体としてはDFのラインの高さやDMFのシステム的な問題が個人の能力異常に大きく影響していたように思う。

日本代表の印象

この試合はある意味沢山の見所がある試合だったし日本代表の課題が見えたいい強化試合となったので気になった所を書いてみる。

守備の話

 守備に関しては、相手のCFが少し強い場合、単純にクロスを上げられるとCBの二人が跳ね返すことが出来ないことが判明した。このCBコンビでは単純にロングボールをCFの場所に放り込むだけで何度かやれば崩せてしまう。まだ比較的経験があるはずの昌子も完全に抑えることが出来ておらず、いいボールがくれば失点は時間の問題だったといえるだろう。また相手のクロスやCFを警戒してラインが上げれずMFが浮いてしまいプレスが機能しなくなりボールを奪われやすくなっていた。
 韓国のサイドからの突破にもクロスされるとDFが真ん中で競り負けてしまう為に、SBが毎回付いていってマークする形になった。そこで日本のSBとCBのマークの受け渡しに問題があり、マークがずれて相手が一人フリーになる形が何度も見られた。逆サイドに毎回一人空く形。特にこの試合SBでは車屋、CBでは二人ともは不安が残った。

 GKの中村はすばらしくこの東アジア杯で代表でも通用すると発掘された素晴しい人材なのではないだろうか。

攻撃の話

 攻撃ではロングボールで速く攻撃しようとしたが前線でもフィジカルや高さ勝負になってしまいフィジカルを持ち味とする韓国相手に不利な戦いとなった。これは同じようにロングボールを使っても違う形も考えられた。例えば浅野のような速い選手が前にいる場合ならばスペースへボールを出してスピード勝負という形は考えられたし、裏に抜ける動きを得意とする選手を選べばで韓国のDFラインの裏へボールを出して抜け出るという形も考えられた。しかしこの試合では選手に合わせてボールを出す形になり、日本のFWはポストプレーをメインとしたので、相性的にも良くなかったように思う。

戦術と分析の問題

 代表全体に関しては選手交代による戦術対応がなく、ソレも遅くなっていた。これに関しては監督というより日本代表のコーチ陣全体に能力の低さを感じた。なぜかというとそもそも韓国という相手がフィジカルを武器としてくるは分かっていた事であり何度も戦ってきた相手である。オーストラリアや韓国ならこういう戦い方をする傾向があることは分かっていたはずであり、相手が取ってくる戦術に対して全く対応策が考えられてなかった。そればかりか逆に日本のDFを研究されておりそこを付かれていた。本来は日本が分析するべきであり相手の分析やこちらの対策という面で明らかに韓国に遅れをとっていたこれは選手の問題ではない。選手は若い選手が多く初めてこういうフィジカルタイプの相手と戦った可能性もあるわけで、あらかじめ戦術で対応すべき問題であったと思う。
 そして初めのプランが上手くいかなかったときの対応能力にも疑問を感じた。上手くいかなかった場合を想定していなかったように思えた。

試合の総評

 韓国のプレーのレベルも高いとはいえず、戦術も単純にロングボールを放り込む形でキックアンドラッシュをお互いに繰り返すような原始的な試合となった。ただしCBとCFの質で韓国が有利に試合を進めた。
 韓国の攻撃は、後ろからのロングボールか、サイドの突破というEPLでよくみるシンプルな形であったが、Jリーグでこういう放り込みサッカーをするチームがあまりないのでJの選手は対応しにくかった。中盤をなくして高さ勝負をして特にCBのハイボールを弾くの能力の勝負になった場合、日本のCBはハイボールに強いとは言い難いので韓国よりももっと弱いチームにも同じ方法で負けるのではないかと思う。
 日本はPKで1点取ったもののその後は失点を繰り返し、後半に入ってもオウンゴールで失点しHTでも対応できなかった。

スタッツを一つ二つ

日本 韓国
8 シュート 17
9 直接FK 20
2 間接FK 0
3 CK 7
1 PK 0
11 GK 4
2 オフサイド 0

東アジア杯2015 日韓戦スタメン

スタメン
ポジション 選手名
GK 西川周作
DF 太田宏介
DF 槙野智章
DF 森重真人
DF 遠藤航
MF 柴崎岳
MF 藤田直之
MF 山口蛍
FW 永井謙佑
FW 興梠慎三
FW 倉田秋
控え
GK 東口順昭
GK 六反勇治
DF 水本裕貴
DF 藤春廣輝
DF 米倉恒貴
DF 丹羽大輝
MF 武藤雄樹
MF 米本拓司
MF 谷口彰悟
FW 川又堅碁
FW 宇佐美貴史
FW 浅野拓磨
監督 バヒド・ハリルホジッチ

参考

日本対韓国 – サッカー日本代表スコア詳細 : 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/score/2015/2015080501.html