「Stat」カテゴリーアーカイブ

7―2―1の法則

7―2―1の法則

 サッカーの試合自体にも先制の重要性は大きく影響している。これを「7―2―1の法則」と呼んでいる(表5)。先取点さえ取れば、「7割」はその試合に勝利し、「2割」は引き分けになる。さらに、逆転負けは「1割」しかしない――。実は、こんな確率を示す法則があるのだ。ここでも「先手必勝」なのである。

 これを裏付ける統計がある。

 表6は2010年のJ1(18チーム)、J2(19チーム)の全試合のうち、先取点を取った試合の結果である。どちらも「約7割」が勝利し、「約2割」が引き分け、「約1割」が逆転負けしているのが分かる。まさに「7―2―1の法則」が当てはまっている。

 詳しくいうと、J1の全試合から0対0の試合を除く284試合で、先取点を取ったチームが勝ったのは196試合(69.0%)、引き分けたのは58試合(20.4%)、負けたのは30試合(10.6%)。同じくJ2の全試合から0対0の試合を除く310試合で、先取点を取ったチームが勝ったのは212試合(68.4%)、引き分けたのは55試合(17.7%)、負けたのは43試合(13.9%)。

 やはり「先取点」の意味は極めて重いのだ。

 もし先取点を取ったチームが、リードしたまま試合前半を終了すれば、勝率はさらに高まる。J1では「74.4%」が試合に勝ち、「19.3%」が引き分け、「6.3%」が逆転負け。J2でも「74.6%」が試合に勝ち、「13.0%」が引き分け、「12.4%」が逆転負けだった。

 つまり、勝率は約69%から約75%に上がるのだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO35526900S1A011C1000001/?df=4

PKでゴールが決まる確率

面白い話だったので。

  • PKは先行有利
  • PKのゴールが決まる確率は6割程度
  • ゴールを決めるにはメンタルが重要

男子W杯のPK戦でゴールが決まる確率

先攻の方が明らかに有利で、後攻では2人目以降の成功確率が50%台以下に大きく低下しているのが分かる。しかも5人目では、先攻が89%、後攻が33%と予想以上にかけ離れた開きが出ている。

 なぜだろうか?

「PK戦は心理戦だからですよ」。鳥越准教授はこう解説する。

 本来、PK戦はゴールキーパーよりもキッカーの方が有利とされる。だから、1人目でも先攻が77%、後攻が69%でやや「先攻有利」になっている。さらに先攻が1人目でゴールを決めれば、後攻のキッカーにより大きなプレッシャーをかけられるというわけ。

 2人目以降になると、この差は一段と増幅される。すでに先攻は優位に立っており、「たとえ外してもまだ同点」と気持ちにゆとりを持ってPK戦に臨める。逆に、後攻は大きなプレッシャーを感じながらボールをけらざるを得ない。こうして、最初の小さな差が雪だるま式に膨らんでいく。

(1)先攻を選んだ方が勝てる確率が明らかに高まる
(2)先攻の1人目が成功したら、試合を一気に有利に進められる
(3)後攻では特に2人目以降、こうしたプレッシャーをはねのける強い精神力が必要になる――ことが分かる。

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO35526900S1A011C1000001/

サッカーは思っている以上にメンタルが重要なゲームだなということが、この話からも結構分かる。「勝者のメンタリティ」ってのは本当に言葉だけの問題じゃなさそう。そして数値的には、PKでも3回に1回はは外れると言うこと。実はPKじゃなくてもGKが枠内シュートをセーブする率が4~7割位はある。この辺を理解が普及してれば日本代表でよく見かけるシュートを外した選手への異常なまでの叩きは減るんじゃないのかと思ったり。

世界の代表チームのユニフォームメーカー

ワールドマップ

ヨーロッパ


https://www.reddit.com/r/MapPorn/comments/5a8mrq/national_football_team_kit_suppliers_2426x1185/
http://geolic.net/maps/world-map-of-national-football-team-kit-suppliers/

日本代表は22年までアディダス

 日本代表はアディダス・ジャパン社(アディダス社)とのオフィシャル・サプライヤー契約しており、期間は15年4月1日から22年12月末までの7年9カ月で、総額250億円超の大型契約だとか。

参考:http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20140724-1339550.html

スペイン紙マルカが選ぶ2016年の選手100人

「マルカの100人」というタイトルで2016年に活躍した選手を特集。100位からカウントダウン形式で紹介している。

 100位には今年11月にコロンビアで発生したチャーター機墜落事故で被害にあったブラジル1部シャペコエンセが例外的にチームとして選出されているが、それに続く99位に柴崎が選出されている。12月に日本で開催されたクラブW杯の決勝レアル戦では2得点を決めて一躍その名を世界に知らしめたプレーメーカーの活躍は、決してまぐれではないと絶賛されている。

「この日本人MFはクラブW杯決勝でレアル相手に2得点を決め、無名から世間の注目を浴びる存在になった。ケイラー・ナバスを破った2ゴールは偶然ではない。彼はチームで最も価値のある選手で、今では日本を去りヨーロッパで成功することも選択肢にある」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161231-00010005-soccermzw-socc

1位から60位

1. Cristiano Ronaldo (Real Madrid).
2. Lionel Messi (FC Barcelona).
3. Neymar (FC Barcelona).
4. Luis Suarez (FC Barcelona).
5. Gareth Bale (Real Madrid).
6. Sergio Aguero (Manchester City).
7. Zlatan Ibrahimovic (Manchester United).
8. Manuel Neuer (Bayern Munich).
9. Andres Iniesta (FC Barcelona).
10. Paul Pogba (Manchester United).
11. Robert Lewandowski (Bayern Munich).
12. Kevin De Bruyne (Manchester City).
13. Jerome Boateng (Bayern Munich).
14. Mesut Ozil (Arsenal).
15. David De Gea (Manchester United).
16. Pierre-Emerick Aubameyang (Borussia Dortmund).
17. Diego Costa (Chelsea).
18. Eden Hazard (Chelsea).
19. Antoine Griezmann (Atletico de Madrid).
20. Thomas Muller (Bayern Munich).
21. Karim Benzema (Real Madrid).
22. Pepe (Real Madrid).
23. Luka Modric (Real Madrid).
24. Gonzalo Higuain (Juventus).
25. David Silva (Manchester City).
26. Giorgio Chiellini (Juventus).
27. Edinson Cavani (PSG).
28. Toni Kroos (Real Madrid).
29. David Alaba (Bayern Munich).
30. Alexis Sanchez (Arsenal).
31. Sergio Ramos (Real Madrid).
32. Diego Godin (Atletico de Madrid).
33. Philipp Lahm (Bayern Munich).
34. Thiago Silva (PSG).
35. Sergio Busquets (FC Barcelona).
36. Leonardo Bonucci (Juventus).
37. Gerard Pique (FC Barcelona).
38. James Rodriguez (Real Madrid).
39. Ivan Rakitic (FC Barcelona).
40. Angel Di Maria (PSG).
41. Marco Reus (Borussia Dortmund).
42. Raphael Varane (Real Madrid).
43. Dimitri Payet (West Ham).
44. Philippe Coutinho (Liverpool).
45. Harry Kane (Tottenham).
46. Gianluigi Buffon (Juventus).
47. Arturo Vidal (Bayern Munich).
48. Saul (Atletico de Madrid).
49. Arjen Robben (Bayern Munich).
50. Hugo Lloris (Tottenham).
51. Riyad Mahrez (Leicester City).
52. Dani Alves (Juventus).
53. Raheem Sterling (Manchester City).
54. Roberto Firmino (Liverpool).
55. Alexandre Lacazette (Lyon).
56. Marcelo (Real Madrid).
57. Granit Xhaka (Arsenal).
58. Jan Oblak (Atletico de Madrid).
59. Marco Verratti (PSG).
60. Koke (Atletico de Madrid).

60位から100位

61. N’Golo Kante (Chelsea).
62. Anthony Martial (Manchester United).
63. Paulo Dybala (Juventus).
64. Cesc Fabregas (Chelsea).
65. Javier Mascherano (FC Barcelona).
66. Mario Gotze (Borussia Dortmund).
67. Santi Cazorla (Arsenal).
68. Toby Alderweireld (Tottenham).
69. Mats Hummels (Bayern Munich).
70. Wayne Rooney (Manchester United).
71. Blaise Matuidi (PSG).
72. Dele Alli (Tottenham).
73. Henrikh Mkhitaryan (Manchester United).
74. Douglas Costa (Bayern Munich).
75. Juan Mata (Manchester United).
76. Thiago Alcantara (Bayern Munich).
77. Laurent Koscielny (Arsenal).
78. Radja Nainggolan (AS Roma).
79. Alvaro Morata (Real Madrid).
80. Thibaut Courtois (Chelsea).
81. Ilkay Gundogan (Manchester City).
82. Eric Bailly (Manchester United).
83. Jamie Vardy (Leicester City).
84. Jordi Alba (FC Barcelona).
85. Xabi Alonso (Bayern Munich).
86. Javier Pastore (PSG).
87. Kurt Zouma (Chelsea).
88. Mauro Icardi (Internazionale).
89. Ander Herrera (Manchester United).
90. Carlos Tevez (Boca Juniors).
91. Carlos Bacca (AC Milan).
92. Ezequiel Lavezzi (Hebei China Fortune).
93. Grzegorz Krychowiak (PSG).
94. Stephan Lichtsteiner (Juventus).
95. Samir Handanovic (Internazionale).
96. Miralem Pjanic (Juventus).
97. Marcus Rashford (Manchester United).
98. William Carvalho (Sporting Lisboa).
99. Son Heung-Min (Tottenham).
100. Petr Cech (Arsenal).

http://www.marca.com/deporte/100-mejores-jugadores/equipo-chapecoense.html

サッカー選手の年俸ランキング2016 トップ20

移籍の時期なので、移籍金や年収、年俸などが話題に上がるので気になって調べてみた所、フォーブスが発表していたランキングがあったので、細かい内容を省いて順位だけ紹介してみる。

dollars-426026_1280

1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリッド/ポルトガル代表FW)
年収:7,900万ドル(約98億円)
年棒 :5,220万ドル
広告契約料:2,680万ドル
主要スポンサー:ナイキ, タグ・ホイヤ―, ハーバライフ, CR7 Underwear, Clear For Men

2位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表FW)
年収:7,050万ドル
年棒:4,850万ドル
広告契約料:2,200万ドル
主要スポンサー: アディダス, ペプシ, トルコ航空, ジレット, EAスポーツ(コンピューターゲームブランド), オーデマ・ピゲ

3位 ズラタン・イブラヒモビッチ(パリ・サンジェルマン/スウェーデン代表FW)
年収:4,180万ドル
年棒:3,580万ドル
広告契約料:600万ドル
主要スポンサー:ボルボ, Vitamin Well(スウェーデンのスポーツ飲料メーカー)

4位 ガレス・ベイル( レアル・マドリッド/ウェールズ代表)
年収:3,490万ドル
年棒:2,540万ドル
広告契約料:950万ドル
主なスポンサー:アディダス, EAスポーツ,Sony Xperia Z3, BT Sport

5位 ネイマール(バルセロナ/ブラジル代表FW)
年収:3,170万ドル
年棒):1,470万
広告契約料:1,700万ドル
主要スポンサー:ナイキ, ユニリーバ, パナソニック, コナミ, レッドブル, フォルクスワーゲン, Police(サングラス)

6位  ラダメル・ファルカオ( マンチェスター・ユナイテッド/コロンビア代表FW)
年収:3,100万ドル
年棒:2,700万ドル
広告契約料:400万ドル
主要スポンサー:プーマ, サムスン, ジレット, パニーニ, ゲータレード

7位 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド代表FW)
年収:2,580万ドル
年棒:1,900万ドル
広告契約料:680万ドル
主要スポンサー:ナイキ, ハーパー・コリンズ, サムスン

8位 ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリッド/コロンビア代表)
年収:2,540万ドル
年棒:2,140万ドル
広告契約料:400万ドル
主要スポンサー:アディダス, ゲータレード, ペプシ,Huawei,ヒューゴ・ボス

9位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン代表)
年収:2,530万ドル
年棒:1,810万ドル
広告契約料:720万ドル
主要スポンサー:プーマ, ペプシ, ジレット

10位 ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表FW)
年収:1,990万ドル
年棒:1,540万ドル
広告契約料:450万ドル
主要スポンサー:アディダス

11位 ヤヤ・トゥ―レ(マンチェスター・シティ/コートジボワール代表MF)
年収:1,970万ドル
年棒:1,700万ドル
広告契約料:270万ドル
主要スポンサー:プーマ

12位 メスト・エジル(アーセナル/ドイツ代表MF)
年収:1,910万ドル
年棒:1,280万ドル
広告契約料:630万ドル
主要スポンサー:アディダス, ゲータレード

13位 エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表MF)
年収:1,890万ドル
年棒:1,540万ドル
広告契約料:350万ドル
主要スポンサー:ナイキ, EAスポーツ

14位  ロビン・ファン・ペルシ(マンチェスター・ユナイテッド/オランダ代表FW)
年収:1,870万ドル
年棒:1,570万ドル
広告契約料:300万ドル
主要スポンサー:アディダス, ペプシ

15位 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード/スペイン代表FW)
年収:1,830万ドル
年棒:1,480万ドル
広告契約料:350万ドル
主要スポンサー:アディダス, ペプシ

16位 スティーブン・ジェラード(リバプール/イングランド代表MF)
年収:1,830万ドル
年棒:1,230万ドル
広告契約料:600万ドル
主要スポンサー:アディダス, Lucozade(英飲料メーカー)

17位 フランク・ランパード(マンチェスター・シティ/イングランド代表MF)
年収:1,780万ドル
年棒:1,380万ドル
広告契約料:400万ドル
主要スポンサー:アディダス, ペプシ

18位 チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表DF)
年収:1,780万ドル
年棒:1,580万ドル
広告契約料:200万ドル
主要スポンサー:ナイキ, 日産

19位 フランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン/フランス代表FW)
年収:1,770万ドル
年棒:1,620万ドル
広告契約料:150万ドル
主要スポンサー:ナイキ

20位 ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ/スペイン代表MF)
年収:1,730万ドル
年棒:1,580万ドル
広告契約料:150万ドル
主要スポンサー:アディダス

http://forbesjapan.com/articles/detail/6858

ドルトムントの年俸ランキング 2015

ドルトムントの年俸ランキング 2015

1位 ロイス 年俸800万ユーロ(約10億8000万円)
2位 フンメルス 500万ユーロ(約6億7500万円)
3位 ギュンドアンとムヒタリアン 450万ユーロ(約6億750万円)
5位 インモービレと香川400万ユーロ(約5億4000万円)
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150212/280101.html

ロイス高いなぁと思うけど、記事を見るとスポンサー契約があるらしく更に1000万ユーロだとか。しかしドルトムントに全く入らないスポンサー契約というのも考えにくいのでロイスは支出も多いけど収入も多いみたいな選手なんじゃないだろうか。他の選手は2016年現在で見てみると、2位のフンメルスは既にバイエルンに売却。3位のギュンドアンとムヒタリアンも売却済みで、5位もインモービレは即売却とドルトムントでは年俸が高い選手は直ぐに売却されているのが分かる。ムヒタリアンのように好成績を挙げていてもあっさり売却されている。まあ、といっても確かムヒはドル史上最高金額で買ったはずなので、その割にはそこまでの活躍だったともいえるけど。フンメルスなどは活躍だけではなくキャプテンでありイケメンという事でユニフォームの売り上げなどもよかったはずなのにちょっと高齢化と陰りが見えたと思ったら即売。ドルはそういう部分では凄く割り切ってる気がする。ロイスや香川の場合は、おそらくスポンサー契約や、アジアでのファン獲得など、選手としての実力だけではなく別のにうまみがあるのではないかという気がする。
money-1015292_960_720

サッカーは走行距離が多いほど勝てるのか?

最近Jリーグでは色々なスタッツを公式サイトから見ることが出来るのだけど、その中に走行距離がある。オシム以来、走るサッカーというのが言われているが、走っているチームは本当に勝てるのだろうかという事が気になったので調べてみた。

トラッキングデータ 走行距離ランキング:Jリーグ.jp

まずはこちらが、Jのチームの走行距離。平均で出されているのもチーム傾向が分りやすくていい。そして次はチームの順位

Jリーグ 順位

なんというか、まず目に付くのが湘南、新潟、サガンで、この走行距離3トップがリーグでは最下位を争っており、走行距離では最下位近くにいる川崎が順位では1位。ひょっとしてこれはむしろ走らない方が強いのではないかという疑惑すら生まれる関係性。

勝手な感想

「走るだけじゃ勝てない」

データとしてみた時、上位と下位にはむしろ走行距離と順位は全く逆の関係性にあり、少なくともJリーグにおいては、ほぼ走行距離と勝率にあまり関係性はないようにみえる。まあ良く考えたら当たり前だよね。そういえばオシムも「走るサッカー」ではなく「考えて走るサッカー」を持論としていたわけで、考えなしに走っても意味ないのかもしれない。

ただし、データは注意深く見る必要があるとは思う。全体でみると走行距離上位の浦和と柏、ガンバなどJではここ数年勝ち続けている強豪が多いのも確か。必要以上に走るだけでは勝てないが、走らなければ勝てるわけではない。全体の走行距離が119kmの時は勝率が著しく落ちるが、116km前後ではむしろ勝率が高い。

ちなみに、ブンデスリーガでは走行距離とスプリント回数に勝るチームが勝つ確率が高いというデータがある。なぜJリーグ違うのかも気になるところ。以前から勝つためにスタッツを詳細に分析して来ていた欧州のチームと比べ、Jリーグではこの走行距離を公開しだしたのは比較的最近の話なので、単純にJではまだ分析が進んでいないのかもしれないし、そもそもスタッツ以前に戦術レベルがブンデスリーガと比べると劣る可能性も否定できない。なにしろ走っているのに勝てないということは完全に無駄に走っているという事になるわけで、これは選手の純粋な走力の問題ではなく戦術的な問題が大いにありそうだ。

バイエルンとドルトムントの比較(2015/2016)

2015/2016 におけるバイエルンとドルトムントのスタッツの比較。このシーズンは1位バイエルン2位ドルトムントとなっているが、実は2位のドルトムントも記録的なほど勝っていて「2位チームとしても歴代2位の勝ち点」を記録している。実はバイエルンにかなり迫っていたという意味でも、色々と見てると面白い。

Ci-NQ_HWYAAaM79.jpg large
https://twitter.com/WhoScored/status/734036200051249158

スペイン人フィジカルコーチが語る「日本人はサッカーに適した、アスリート向きの人種」

やや以外だったけど、スペイン人の目線とデータから良くと日本人には色々特性があるらしい。

元フィジカルコーチが語る日本代表。驚いたのは乾、武藤、そしてヤット!?

「日本人はサッカーに適した、アスリート向きの人種です」

 そう断言するスペイン人がいる。

 ハビエル・アギーレが日本代表監督を務めていた頃、フィジカルコーチとして日本代表に帯同したフアン・イリバレンだ。

 アギーレの右腕として、オサスナやエスパニョールでフィジカルコーチを務めてきた。現在はアラブ首長国連邦のアルワハダでアギーレと共に働いている。

 日本代表のフィジカルコーチに就任する前、イリバレンは日本人のフィジカルについての知識はゼロだった。日本のクラブに携わったことも、欧州で日本人選手と仕事をしたこともなかったからだ。

 2014年夏、日本に渡った彼は選手を近くで見て、触れ、言葉を交わし、あらゆる種類の測定を行った。彼はまず、日本人のフィジカル、その特性を見出そうとした。
遺伝的に突出した爆発的なスピードと持久力。

 そこでイリバレンを驚かせたのは、ふたつの数値だった。

「スピードと持久力です。ヨーロッパ人と比較すると、日本人はこの数値が非常に高かった。爆発的なスピードを持っていながら、同時に持久力もある。どちらかで高い数値を持つ選手は多くいますが、高いレベルでこれを併せ持つ選手は限られます。後半など、疲労時のパフォーマンス発揮も素晴らしかった。

 これらの特性は遺伝的なもので、欧米人にはないものです。分かりやすい例は長友佑都です。スピードも持久力も一級品で、他にもこの資質を持った多くの選手がいました。

 一方で、ドイツ人やイングランド人など、アングロ・サクソン系の人種と比較した場合、筋量や骨格、サイズの面で差があります。私とアギーレはその差を日本人の特性で埋めようとした。スピードやアジリティ、持久力を生かしたサッカーです」

 アギーレはパス意識が強かった日本に、スピードと縦の意識を植え付けようと取り組んだ。イリバレンが見つけた、これらの特性を生かそうとしたのだ。

http://number.bunshun.jp/articles/-/825362

index

代表の怪我人の多さはU23でも同じ傾向に・・・

U23代表 アジア予選優勝以降のけが人続出

9 U-名無しさん@実況・無断転載は禁止です (ワッチョイ 3b08-G0cz) sage 2016/05/22(日) 01:22:06.35 cYjPnVu50

1月メンバー(FPオンリー)
松原 怪我
山中 怪我
亀川 怪我 NEW!
奈良 怪我
室屋 怪我
岩波 怪我 NEW!
植田
三竿
大島 怪我→復帰
遠藤
原川
矢島
中島 怪我
豊川 怪我
南野
井手口 怪我→復帰
久保 怪我
武蔵 怪我
浅野 怪我→復帰
阿道

洒落にならん

http://hanabi.2sc.net/test/read.cgi/soccer/1463847551/

あんまりU23期にしてなかったけどこれは酷い。数人の怪我があるくらいならおかしくはないが、並んだメンバーを見るとむしろ怪我人の方が多いという。海外組みを使うと怪我人が多くなると長い間、日本代表は弁護されてきたと思うけど。これを見るとほとんどJリーグなので、海外組みと違って移動による負担で怪我をしているとは思えない。つまり代表とリーグ(J、海外リーグ問わず)の日程調整が全く機能していないとしかいえない。普通のチームでこれだけ怪我人が出たらフィジカルコーチは首になるレベルだと思うが。

red-30141_640