フェルナンドトーレスが何故「師匠」と呼ばれているのか

フェルナンドトーレスが何故「師匠」と呼ばれているのか


https://www.youtube.com/watch?v=9TBEj6e5bnM

補足:サッカー界における「師匠」とは

一方サッカー界ではゴールを決められないFWに送られる汚名であり勲章である。もともとは2ちゃんねるで鈴木隆行を「ノーゴール師匠」と揶揄したことが発端。ただしただ外し続けるだけでの凡夫にその称号が与えられることはない。

  • 簡単なシュートが決められない
  • 素晴らしいシュートを放つが枠を捕らえない
  • 時々不可解な突破やシュートを試み観客の冷ややかな笑いを誘う
  • 監督・チームメイト・サポーター・相手(中立)サポーターがそれぞれ違う期待をしている
  • 点を決めないのになぜか試合に出続けられる
  • 極稀にスーパーゴールを決めたり重要な試合で点を取る

師匠と呼ばれる選手には以上のような特徴を持つ者が多い。中でも3と6の要素は重要である。彼らにはダメな子ほど可愛い、所謂『ドジっ子萌え』的要素が多量に含まれており、それ故にファンも多い。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B8%AB%E5%8C%A0

CFcdfhTXIAA1JWF

https://twitter.com/Atleti/status/600981526134857728

「フェルナンドトーレスが何故「師匠」と呼ばれているのか」への1件のフィードバック

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)