「タイ」タグアーカイブ

W杯2018予選 日本 vs タイ 2-0

タイ

日本 4 – 0 タイ
香川 真司 前半8分
岡崎 慎司 前半19分
久保 裕也 後半12分
吉田 麻也 後半38分
得点
警告

採点

Pos No. 選手名 採点 寸評
GK 1 川島 永嗣 7.5 前半での決定的なピンチを防ぎPKまでも止める活躍
DF 5 長友 佑都 4.5 基本的にはいい守備を見せたが最後の所でPKを与えてしまった
DF 6 森重 真人 5.0 やや不用意なミスが目立った
DF 19 酒井 宏樹 4.5 サイドを押し込まれるやや不安定なプレーもあったが高さを使ったいいプレーも見せた
DF 21 酒井 高徳 5.5 ボランチでの起用だが無難にこなした
DF 22 吉田 麻也 7.5 浮ついた守備陣の要として致命的な場面を防ぎきり高さでの武器も見せた
MF 10 香川 真司 6.5 先制点を決めたが、途中惜しいチャンスを何度もはずした
MF 16 山口 蛍 5.0 0点には抑えたが中盤を完全に支配するには到らなかった
FW 8 原口 元気 5.5 守備での献身的なプレーが目立った
FW 9 岡崎 慎司 7.0 2点目を決めて試合を決めた
FW 14 久保 裕也 8.0 1ゴール、2アシスト。攻撃面で決定的な仕事をした
交代
MF 4 本田 圭佑 5.5 交代:後半21分 入る事でプレーのつなぎが良くなり、ポゼッションが安定した
MF 13 清武 弘嗣 6.0 交代:後半29分 1アシストでセットプレーのキック精度を見せた
FW 11 宇佐美 貴史 5.0 交代:後半39分 短い時間では違いは見せる事が出来なかった
監督 ハリルホジッチ 6.0 上手くメンバーをターンオーバーしながら手堅く勝利を収めた
試合後、ハリルホジッチ監督のコメント

「今日も勝ったけど簡単なゲームではなかった。我々は現実的なプレーをして効果的に勝てたと思う。しかし、相手に危ない場面を何度もつくられた」

日本代表の印象

連携やパスのつながりはあまりよくなかったが、決定的な場面では鋭い攻めを見せて点を重ねる緩急の差が激しい狡猾なプレーが目立った。

試合の総評

点差は4点と一方的に日本が攻めたよう見えるが、実際にはかなりタイもいいサッカーをしており、最後の所のフィニッシュの精度やアシストの精度の違いで勝負を分けた。タイのプレーはシュート数は日本より多く、セットプレーの精度もたかいし足元は意外とテクニックがあった。少し前の日本代表を思わせるようなプレーだったが、最後の個の力の差で日本が勝ったように思う。

スタッツを一つ二つ

14 シュート 15
11 直接FK 8
3 間接FK 2
3 CK 6
0 PK 1
10 GK 4
3 オフサイド 2

W杯予選 タイ VS 日本 0-2

th

タイ 0 – 2 日本
得点 前半18分 原口 元気
後半30分 浅野 拓磨
後半40分 プラキット ディープロム
後半44分 プラキット ディープロム
警告 前半28分 森重 真人
後半38分 西川 周作
Pos 番号 選手名 採点 寸評
GK 12 西川 周作 5.5 日本が一方的に攻めた為あまり活躍の場がなかったが、1対1のシーンはしっかり押さえた。カードは余計だった。
DF 6 森重 真人 5.5 無失点に抑え守備では貢献したが、不用意に手でボールを掴みカードをもらったのはよくなかった。
DF 19 酒井 宏樹 6.5 日本が一方的に攻めた事もあるが、あがっての攻撃参加がいい意味で目立った。原口の1点目を良いクロスでアシストした。
DF 21 酒井 高徳 6.0 攻守にわたりサイドの相手の選手と個の力の違いが見えた。
DF 22 吉田 麻也 6.0 安定した守備で確実に抑えた。
MF 4 本田 圭佑 5.0 チャンスは何度もあったが点にはつながらず、本田の能力とタイ相手という事を考えるとやや物足りない試合だった。
MF 10 香川 真司 4.5 前回のUAE戦に続きあまりパフォーマンスはよくなく、明らかに調子を落としている。コンディション面などの問題が気になる所。
MF 16 山口 蛍 6.0 強豪との対戦でミスが目立ち代表から遠ざかっていたが、アジアレベルでは十分に機能することを見せ付けた。
MF 17 長谷部 誠 5.5 中盤を抑えて、日本が一方的に攻撃する流れを作った。
FW 8 原口 元気 7.0 先発で出場し18分に酒井のクロスに合わせて1点目を決め、決め切れなかった試合の流れを作った。
FW 18 浅野 拓磨 6.5 岡崎の代役として入り、裏へのボールから1ゴール。望まれた裏のスペースを突く役割で、しっかり結果を出した。
FW 11 宇佐美 貴史 時間が短すぎて採点不可
FW 14 小林 悠 時間が短すぎて採点不可
FW 20 武藤 嘉紀 5.5 時間はあったが、試合がほぼ決まった状態であったため、FWとしては違いを見せる事はなかったが、武藤が怪我から復帰しただけでも日本代表としてはFWの選択肢が広がったと思う。
監督 ハリルホジッチ 6.0 前回の敗戦から持ち直し勝利を手に入れた。交代や選手選考は前回のUAE戦を踏まえると妥当なもので、スタメン起用した原口、浅野がそれぞれ得点を決めた。
試合後、ハリルホジッチ監督のコメント

 みなさん、コンバンワ。簡単ではなかったが、非常に重要な勝利だった。このチームがどのような心理状況で試合に臨むのか不安もあったが、この試合に本当に勝ちたいという気持ちで臨んだ。またしてもたくさんの決定機を作ったが、(ゴールにならなかったのは)集中力の欠如からなのか。それでも良い試合だったと思う。グラウンドは難しい状況だったし、最後にプレゼントをひとつふたつ与えてしまったかもしれないが、そういう状況に陥るのは心理面でまだまだ問題があるのかもしれない。

 選手を祝福したい。ここから日本がより強くなってくれると思う。合宿中はけが人や疲労など、さまざまな問題もあった。しかしメディカルやアドミニ含めて、すべてのスタッフと選手が良い準備をしてくれた。それから、素晴らしい戦いをしたタイ代表も祝福したい。タイと対戦する多くの国は困難に直面することだろう。

──UAE戦から3選手を替えた意図と選手への評価は?

 先ほど試合後のインタビューでも言ったが、少し競争を見たかった。と同時に、何人かの選手が疲労を抱えていたし、けがもあったので、若い浅野をはじめ新しい選手を試した。経験のある選手と若い選手を競争させたかった。

 出場した選手は良いプレーをしてくれた。そして偶然というか、彼らがゴールを決めてくれたおかげでチームに良い雰囲気をもたらしてくれた。選手を替えたのは、(外れた)彼らが悪かったからではない。UAE戦もまったく良い試合でなかったわけではなかった。ただ、このチームにフレッシュさをもたらしたい意図があった。

 われわれは(タイに)プレッシャーをかなりかけたと思う。(それによって)相手はオフェンスの組み立てで、何ももたらすことができなかった。この2試合で、われわれにも変化をもたらすことができることを見せたかった。また、国内でパフォーマンスの良い選手、アウェーで良い選手がいることも理解できたと思う。そうはいっても、プレーしなかった選手が悪かったというわけではない。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201609060014-spnavi

日本代表の印象

UAE戦とタイ戦では起用された選手に明暗が分かれた。相手がタイでUAEよりやや弱かった気がするが、トップは交代で入った浅野がしっかりと結果を出た。UAE戦でやや不調だった岡崎のバックアップとしては十分にアピールできたのではないだろうか。サイドも原口、清武は結果を出しており選手の層が厚くなっている。ただし、柏木の怪我だけでUAE戦のような問題が起きてしまうとすると、DMFは気になる。年齢や手術した事などを考えると長谷部が試合に出れなかった場合の対策も課題として残っている。また、もし香川が出れなかった場合の戦術の選択も気になる所。

試合の総評

この試合もタイのホームということで、タイにアドバンテージがあったが、UAE戦とは違いクリーンな試合で実力どおりの結果だった。試合は日本が一方的に押し込む展開となり、原口が1点目を決めると以降は流れが変わる事はなかった。タイは守備を固めてからのカウンターをする形となっていたが機能してなかったように思う。特にフィジカル面で空中戦と、スピードへの対応には問題があり、そこから日本の得点につながった。また、同じ理由からカウンターでロングボールを出しても競り合いをしてもセカンドボールが拾えないため、攻撃面も機能していなかった。もしタイと同じ戦術を取られたとして、もう少しフィジカルの強い国だった場合にはやや違った結果になったかもしれない。ただし、選手個人でみるとタイの実力は以前代表戦で戦った時より確実にあがっており、タイのサッカーが成長している感じは受けた。

スタッツを一つ二つ

thailand-vs-japan-6-september-2016

試合のハイライト動画

タイ vs 日本 オリンピック代表

タイ

タイ 0 – 4 日本
得点 鈴木武蔵(前半27分)
矢島慎也(後半4分)
久保裕也(後半30分)
久保裕也(後半39分)
パコーン・パンルムパック(前半11分)
ペラパット・ノッチャイヤ(後半18分)
トリスタン・ド(後半33分
警告 室屋成(前半40分)

気になった選手

 U23でみると浅野や遠藤が凄い選手に見えて印象的だった。特に攻撃陣はタイプが違う選手がそろっていて期待できる。武蔵も日本の選手としては身長が高くフィジカルが強そうで得点も決めていたし、スピード勝負なら浅野、MFも攻守にある程度のレベルにありアシストもした遠藤と、7番の選手もよかったと思う。GKとLSBは少し不安が残った。亀川は怪我をして復帰した所らしいので連携をよくして試合に慣れれば短期間で改善の余地も残されているが、この試合に関してはかなり問題があったと思う。

試合ついて

北朝鮮戦と違い相手が攻めてくるのでお互いに攻守が入れ替わり、十分試合になった。前回の北朝鮮戦がフィジカルを重視して引いておいて放り込みをしてくる日本が苦手とするカウンタースタイルだったので問題も感じたが、お互いに責め合えばこのチームは十分な攻撃力を発揮する事も分った。日本代表にも通じるが、引いた相手を崩す為の戦略や引き出す仕組みなどは相変わらず日本にはノウハウがないような気がする。

タイVS日本 ハイライト動画

ウズベキスタン選手が韓国選手を3発殴り退場

タイで行われた「2015 タイ国王杯(キングカップ)」に参加した U-22 の韓国代表がウズベキスタン代表に3発殴れれるという変わった事件が起きたらしい。


https://www.youtube.com/watch?v=XW3mZo6QCHw

殴っているシーンしか移っていないので、他のシーンで韓国側も露骨な対応をしていないとは言い切れないが、代表戦で、いつも殴る側といえば大体中国がか韓国というイメージの日本人からするとちょっとした珍事件だと思う。