ブンデスとセリエの両リーグで得点ランキング1位が日本人になった日

以前紹介したように現在のブンデスリーガの得点ランキングで岡崎が1位になっている。更に今節もゴールを得点し現在は2位に2得点差をつけた単独1位に。

Player Stats - Bundesliga - official website

また、先ほど紹介したように本田も現在セリエAの得点ランキングで1位タイになっている。

Marcatori - legaseriea.it

ブンデスリーガとセリエAの両リーグでの現在の得点ランキング1位が共に日本人になると言う信じられない状態になっている。

エンポリ戦で1ゴール本田

エンポリ戦で本田がまたもゴールを決めた。これでセリエAの得点ランキングで1位タイ。

本田のゴール

試合のスタッツ

インザーギのコメント

「残念ながら最初の30分はエンポリに与えてしまった。2点もセットプレーで失点してはならない。その後はいいミランだった。とにかくいいシーズンのスタートの切り方だ。こんな勝ち点は2009年以来のこと。今日は途中で4-2-3-1にシステムを変更したが、それはうまく機能した。今すぐにこのシステムに切り替えるのはまだ早いと思うが、少しづつこのシステムを使って行く。使える選手にはボナベントゥーラ、エルシャーラウィ、本田、メネズがいる。4-2-3-1だとメネズとフェルナンドトレスを中央に置ける。もっと時間をかけたかったが、今から3、4日あるので、ミラネッロで練習して次の試合で起用するかもしれない」

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140924-1371858.html

インザーギ監督のコメントでも出ているようにここ最近のミランは低迷しており2009年以来の勝ち点となっている。今シーズンのミランは勝ちきれないこの状態でもかなり良くなってきているといわざるを得ない状態。現在セリエAで4位につけるという快挙。皮肉ではなくここ最近の成績からすれば割と本当に素晴らしいチームの建て直しを見せている。

Classifica - legaseriea.it

United XI

ByDbMdoIAAA07ky

United XI: De Gea, Rafael, Evans, Blackett, Rojo, Blind, Herrera, Di Maria, Falcao, Rooney, van Persie

この威容を誇るマンチェスターUのスターティングイレブン。ペルシ、ルーニ、ファルカオ、ディマリア、エラーレ、昇格したばかりのチーム相手なら、ただ並べるだけで勝てそうなこの攻撃陣、誰もがそう思うったはず。

https://twitter.com/ManUtd/status/513651366217416705

岡崎「(香川は)もっと前で勝負して、下がってこないで我慢してもいい」

ドルトムントに3シーズンぶりに復帰した香川の状態にも言及。「まだまだというよりは、期待というか、もっと怖い選手だと思う」と語り、今後の活躍に期待を寄せた。

「せっかくドルトムントに帰ってきて、セカンドトップというイメージがあるので、もっと前で勝負して、下がってこないで我慢してもいいんじゃないかなと。あんまりこういうのは言いたくないですけど、もっと良くなると思っています」

http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20140921/234490.html

マンU昇格したばかりのチームに5-3で逆転負け

レスター戦

バロッテリにまで笑われる

ある意味笑撃的かつ歴史的なシーンだと思う。あのマンUが。


続きを読む マンU昇格したばかりのチームに5-3で逆転負け

Shinji vs Shinji

shinji

ジンジ対決。岡崎がゴールを決めて勝利。

気になった所

岡崎は得点を決めブンデス得点ランキングでトップに立ったが、香川に関してはドル「ドル復帰試合」同様に内容的には不安を残す出来となった。前回はドルへ帰還したことと得点したことでお祭り騒ぎとなっていたが香川個人の示すスタッツ内容はけしてよくなかった。今回も類似点を感じる。

一例を挙げると走行距離だが

走行距離 [km]
香川(復帰戦) 8.35
香川(マインツ戦) 8.48
オーバメヤン(マインツ戦) 10.87
ラモス(マインツ戦) 7.39

香川も含めて前線の走行距離がドルにしては少ない。香川は途中交代なので少なめになるとしても、香川の能力的には以前と比較して少ない。しかも香川は復帰戦で足を釣っているように明らかにフィジカル的に限界まで走っての数値なのでスタミナが以前より落ちていると言わざるを得ないだろう。マンUに行く事でフィジカルが強くなったという説も言われていたが、スタッツで見ると香川は走行距離が減っているので体の押し合いには強くなってもスピード、スタミナの面では持久力が低下しており一概にフィジカルが強くなったのかどうかなんとも言い難いと思う。

これとは別に連携面の問題もある。香川は今回のマインツ戦でも出場した選手の中では途中交代で出場した選手やGKを除くとボールをもらっている回数が最下位という点だ。実はドル復帰戦もパスをくれたのは昔からの仲間の「グロクロ」や「スポディッチ」、「ピシュチェク」などで、例外としてはムヒなどもパス数が多かったが変わりに香川が抜けた後チームの中心と言われていたケールは殆ど香川にパスをしておらず、一度出て行った香川に対する連携が修復できていないのではないかと思うところも

フライブルク戦の香川のパスとケールのパス

kagawa ケール

見ると分かるようにケールはある意味堅実だが実に保守的なパスで新人や出戻りへのパスが極端に少ない。

マインツ戦の香川と岡崎のパス

Borussia Dortmund  Results - Bundesliga - official website

この試合では復帰戦でパスが着ていたムヒやスポディッチがいなくなることでパスをもらう相手がかなり限定されており。「オーバメヤン」が横に全くパスをしない。自分でシュート打つかクロスという選択肢が多いのだと思う。その為右からの供給源はピシュチェクが上がった時のみになっている。ボールタッチが多くないというだけではなくボールをもらうコースまで相当に限定されてしまっているといって良いだろう。

CL ドルvsガナ戦 2-0 でドルトムントがアーセナルを粉砕

この試合の2チームの戦術は中々面白くて、実際はガナは踏みとどまり2点に押さえた点で言えば一方的に負けたわけではないが。ゲームを見た印象では本当にドルトムントが圧倒したという感じ。そしてスタッツも見ると面白くて、ドルトムントの走行距離がガナを圧倒しており、ドルトムントは相手より1人選手が多いのではないかというくらいの動きをしている。

チームの総走行距離 [m]
ドル 119813
ガナ 108457

BxrqSQhCYAAgbj3.png large BxrqSZcCIAAC81g.png large

パスのスタッツ。パス数だけはアーセナルの方が上回っていたが、走行距離は首位のベンター12.34kmを初め、トップ5はドルトムントが独占。平均でも1km以上アーセナルを上回った

https://twitter.com/toto_manutd/status/511979116896075776

試合のハイライト


https://www.youtube.com/watch?v=sWgYDPSItfo

香川放蕩息子から救世主に格上げ

アーセナル戦の試合前の小ネタ

アーセナルTVの街頭インタビューでドルトムントが勝つと予想した女性サポが理由を聞かれて「私達には香川が居るから。ドルトムントで彼はキリストのように扱われている。戻ってきてくれて本当に嬉しい」と答えてます。

https://twitter.com/shiratori_twit/status/511939796986785792

Just football