日本vsキプロス 国際親善試合

日本 1 vs 0 キプロス
1 (前半) 0
0 (後半) 0
日本 キプロス
得点 : 内田篤人(前半43分)
警告 : 岡崎慎司(前半28分)

youtube で適当に見つけた ハイライト


https://www.youtube.com/watch?v=sFTM7K_tbSs

日本代表の選手のプレーとかで気になった所

柿谷:裏への抜け出し一度以外はほぼ消えてたイメージ。ただ、代わりに入った大久保でちょうど比較できて鮮明になったのは裏に飛び出す加速力はやはり大久保よりもかなり速いということ。相手の裏にスペースがある試合なら柿谷が輝く可能性は高そう。逆に相手に引かれたときに柿谷の引き出しが少なすぎるのが気になる。
大久保:積極的なシュートとボールキープ、そしてフィジカルコンディションもよさそうで大型DF相手にもポストプレーっぽい事が出来たシーンもあった。あとは連携次第。
香川:決定機の演出という意味では物凄く目立ったわけではないが、FWがいまひとつ物足りない日本代表においてはフィニッシャーとしても外せない状態になってる。ミドルシュートだけでなく、得点につながったシーンでも香川の最後に抜け出た所で相手が崩れて転がったボールを内田が入れれたわけで、攻撃面でも役立っていた。そして守備が素晴らしく高い位置で奪うシーンが何度もあり、このボール奪取能力は前線の選手としては極めて貴重で、パスカットや相手の来る場所を読む守備が非常に上手い。本田もフィジカルで寄せるのが上手いので、結果的にセカンドボールの回収率が劇的に向上している気がする。
清武:相変わらず守備は不安が残るが攻撃の連携は素晴らしく、リーグでの現状を考えれば上出来だったように思う。
本田:はやり体が重そう。走行距離は十分だったので動けないというより、出足の加速が悪い印象。チャンスには頻繁に絡みシュートも打てたが入らなかったので
山口:代役としては十分にプレーしたし、対面した時の守備も悪くなかったが、守備の連携の面で偶にずれるのか相手がフリーになっていたのが気になる所ではあった。
長谷部:怪我で難しいとの話もあったけど、この試合を見る限りなら十分プレーは出来そう。今後のコンディション改善を考慮すれば上出来
森重:吉田の代わりを安定して勤めた。怪我を考えると森繁スタメンもありえそう
吉田:コンディション以外は特に不安はない感じ
内田:怪我の問題は少し感じさせたが、ゴールも決めただけでなく素晴らしい戦術眼で非常に光るものがあった。内田は対面の強さというよりも、守るべきタイミングでちゃんとDFとして守備の場所に居る能力が異常に高いと思う。あれだけSBとして攻撃参加している割に守備の時にはほぼ戻っている。これは長友や酒井にはない素晴らしい特性で流れを読むのが異常に上手い。
長友:相変わらずこのレベルの相手には突破力十分でドリブルやボールの運び役としては負ける感じがしない。1vs1で対面した時の強さを重視する人なら絶賛するだろう。ただ、ボールを運んだ後の選択しが少なく、一応シュートも打てるけどインテルでもシュートが必殺の武器というわけではなく、結局最後の所でクロスを上げるしかないのだけど、クロスの質の問題と中であわせるFWが今の代表には居ないので正直長友の武器は現代表では猫に小判というか、どういう風に長友を生かすと点になるのかが少し見え難い。そして守備に関しては相変わらず対面した時のフィジカルは強いのだけど、上がり回数が多いので反面裏を取られる危険性が常に高いというリスクが目立つ。
伊野波:ちょっと守備で約束事でずれる事があったので心配。交代ではいったイノハが不安すぎる出来だった部分もあるがDFとして常に低い位置に居るという点ではイノハに変えると守備できなバランスで選手を配置できるという意味で長友の持つリスクは軽減する効果はありそう。

続きを読む 日本vsキプロス 国際親善試合

クエスチョン・オブ・オナー

ブラジルのワールドカップも近づいてきて盛り上っているので、サッカーの日本代表で良く耳にする「クエスチョン・オブ・オナー」と、そのサビについての話を。まず歌を知らない人向けに youtube で見つけた動画を下に。聞けばTVでよく流れているので思い出す人も多いかもしれない。

Sarah Brightman – A Question Of Honour from Roland Baldwin on Vimeo.

この Wikipedia の項目をみると面白い事が書かれている。

a question of honor(名誉の問題)とは

“It’s not a question of life or death, it’s a question of honour.(生きるか死ぬかの問題ではない。名誉の問題である)”という言葉は騎士道の精神を現す表現であり、現在でも“It’s not a question of life or death”の部分をいろいろ変えて使用されている。たとえばヤルタ会談においてウィンストン・チャーチルは「ポーランド問題」に関して「ポーランドをどうするかは、英国にとっては物理的な問題ではなく名誉の問題」と言い放っている[1]。また尊厳死推進団体が「どのように死ぬかは名誉の問題」などと使用している。

本楽曲では「あなたが勝とうが負けようが、それは名誉の問題」と歌われており、勝敗より名誉を重んじる伝統的な「騎士道精神」を踏襲した歌詞になっている。

なるほどねという話で、勝敗を超えた名誉の問題について取り扱ってるといえると思う。まああえてこれを取り上げたのは、この曲の和訳として、例えば youtube で検索するとすぐ出てくるこの動画の訳ではa question of honor(名誉の問題)を「それは栄光への試練だ」と訳していたり、和訳として検索するとトップにでるこのページでも「それは栄光への試練だ」となっている。恐らくこれはCDとかについてる日本発売のCDの公式の訳なのかなとは思ったものの、これではあまりに元の意味とかけ離れた意訳なんじゃないかと思って、実は前々から疑問に思っていたので、Wikipedia で紹介されていた“It’s not a question of life or death, it’s a question of honour.(生きるか死ぬかの問題ではない。名誉の問題である)”という常套句について紹介してみた。直訳かもしれないけど、この曲は「名誉の問題」と訳す方がまだ意味が分かるんじゃないかと思う。

ということで、W杯も勝つか負けるの問題ではなく、それは “a question of honor”。名誉の問題なのだと。

日本代表の練習から予想される先発メンバー

 注目の本田と大久保は、それぞれのトップ下に配置。本田は1トップ柿谷、両サイドに清武、斎藤という攻撃布陣の中で練習。大久保は1トップ大迫、両サイドに岡崎、香川という布陣で連係を深めた。

 指宿合宿も25日の午前練習を持って終了。MF遠藤が「キツいですけど、いい練習ができた」と話せば、大久保も「かなり盛り上がってきた。結構キツいけど、一応(練習が厳しいことで有名な)国見(出身)なんで」と、充実の表情を浮かべた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000073-dal-socc

というニュースを見て、色々なるほどと思ったので、大久保の起用方法などについて予想してみる。勿論練習でトップ下をしているのだから基本的なポジションはトップ下だろう。一緒に練習したメンバーが香川、岡崎、大迫という点も注目で、香川岡崎は明らかに主力メンバーで先発だろうと予想できる。そこに大久保を入れるという事は興味深い。またそこに大迫が入っているという事も面白い。大迫は柿谷より先発される確率が高いと見ていいだろう。柿谷はリーグでも最近ゴールから遠ざかり大迫は逆に得点をしているので、近況からいけば大迫の方が調子がいい。大迫は先発要員という可能性が高いと思う。大久保に関しては、今までのチームの作り方を考えれば基本的には本田主体なので、大久保はサブになるだろうが、大久保が本田と交代して出場すると考えると、大久保は周りが主力メンバーの中に放り込まれる事になるので、サブ組み同士で練習するより意味がある組み合わせとも言える。大久保については、勿論本来FWなので右の岡崎やトップの位置に入っても十分機能するするだろうが、中村憲剛を外したことで本田の変わりにトップ下に入る選手が居なくなってる、また乾などを外した事で香川がトップ下に入って左を別の選手で埋まる形もバランスが取り難い。そこでキープ力も高く運動量も多い大久保という事なのだろう。

■追記
 その後のキプロス戦では大久保はFWとして交代しており、トップ下はあくまで本田に何かあった時のサブの形の一つとして練習していたようだ。

松木安太郎の監督としての成績は意外といい

いつもネタで馬鹿にされてる松木安太郎。実は監督としての実績は結構なものだという事は意外と知られていない。Jリーグの歴代の監督でも実は日本人では勝率が2番目に高く、他に勝率上位に並ぶ監督は助っ人で来た外人監督ばかり、今やアーセナルの名将となったベンゲルに並んでそこには松木安太郎の名前が。

順位 監督名 試合数 勝率
1 鈴木 政一 73 59 6 8 80.82
2 バウミール 34 26 0 8 76.47
3 ハビエル・アスカルゴルタ 66 45 0 21 68.18
4 エメルソン レオン 82 55 1 26 67.07
5 ゼ・マリオ 32 21 1 10 65.63
6 ホルヘ・ソラリ 20 13 0 7 65
7 オタシリオ 62 40 0 22 64.52
8 アーセン・ベンゲル 73 47 0 26 64.38
9 レネ・デザイェレ 30 19 0 11 63.33
10 松木 安太郎 128 78 0 50 60.94

ちなみに、名監督と思われてる監督を並べるといっそう際立つ

西野朗 52.88 % (勝数は最多)
関塚 隆 52.68 % (1試合あたりの得点数は日本人監督では歴代2位)
レヴィー クルピ 50.56 %
長谷川健太 44 %
反町 康治 43.88 %
岡田武史 43 %
早野宏史 41 %
原博実 41 %

松木 安太郎 60.94 %

 監督時代のチームが強かったという事を含めても突出した成績といえると思う。というわけで、当サイトでは密かに松木安太郎の汚名を返上する為に勝率を書いてみた。解説してる時も2chなどで居酒屋で観戦しているおっさんと思われているが、実は大分普通に監督をしていた人だという所をあえてピックアップしたい。
続きを読む 松木安太郎の監督としての成績は意外といい

コロンビア代表候補30人

コロンビア代表候補30人

▽GK
ファリド・モンドラゴン(デポルティボ・カリ)
ダビド・オスピナ(ニース)
カミーロ・バルガス(サンタフェ)

▽DF
エデル・アルバレス・バランタ(リバープレート)
サンティアゴ・アリアス(PSV)
パブロ・アルメロ(ウェストハム)
アキバルド・モスケラ(クラブ・アメリカ)
ルイス・ペレア(クルス・アスル)
カルロス・バルデス(サン・ロレンソ)
マリオ・ジェペス(アタランタ)
クリスティアン・サパタ(ミラン)
ファン・スニガ(ナポリ)

▽MF
アベル・アギラール(トゥールーズ)
ファン・クアドラード(フィオレンティーナ)
フレディ・グアリン(インテル)
ビクトル・イバルボ(カリアリ)
アレクサンデル・メヒア(A・ナシオナル)
フアン・フェルナンド・キンテーロ(ポルト)
アルド・ラミーレス(モレリア)
ハメス・ロドリゲス(モナコ)
カルロス・サンチェス(エルチェ)
エルキン・ソト(マインツ)
マクネリー・トーレス(アルシャバブ)
エドウィン・バレンシア(フルミネンセ)

▽FW
カルロス・バッカ(セビージャ)
ラダメル・ファルカオ(モナコ)
テオフィロ・グティエレス(リーベル・プレート)
ジャクソン・マルティネス(ポルト)
ルイス・ムリエル(ウディネーゼ)
アドリアン・ラモス(ヘルタ・ベルリン)

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?138859-138859-fl

ギリシャ代表候補30人

ギリシャ代表候補30人

▽GK
アレクサンドロス・ツォルバス(アポロン・スムルニス)
ミハイル・シファキス(アトロミトス)
オレスティス・カルネジス(グラナダ)
パナギオティス・グリコス(PAOKテッサロニキ)
ステファノス・カピノ(パナシナイコス)

▽DF
アブラアム・パパドプロス(オリンピアコス)
ディミトリス・シオバス(オリンピアコス)
コスタス・マノラス(オリンピアコス)
ヤニス・マニアティス(オリンピアコス)
ホセ・ホレバス(オリンピアコス)
ソクラティス・パパスタソプロス(ドルトムント)
ギョルゴス・ツァベラス(PAOKテッサロニキ)
ルーカス・ビントラ(レバンテ)
バシレイオス・トロシディス(ローマ)
バンゲリス・モラス(ベローナ)

▽MF
アレクサンドロス・ツィオリス(カイセリスポル)
アンドレアス・サマリス(オリンピアコス)
コンスタンティノス・カツラニス(PAOKテッサロニキ)
ゲオルギオス・カラグニス(フルハム)
パナギオティス・タフツィディス(トリノ)
ソティリス・ニニス(PAOKテッサロニキ)
ヨアンニス・フェトファツィディス(ジェノア)
コスタス・フォルトゥニス(カイザースラウンテルン)
ラザロス・フリストドゥロプーロス(ボローニャ)
パナギオティス・コネ(ボローニャ)

▽FW
ディミトリス・パパドプロス(アトロミトス)
ディミトリス・サルピンギディス(PAOKテッサロニキ)
ゲオルギオス・サマラス(セルティック)
コスタス・ミトログル(フルハム)
テオファニス・ゲカス(コンヤスポル)

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?138901-138901-fl

コートジボワール代表候補28人

コートジボワール代表候補28人

▽GK
ブバカル・バリー(ロケレン)
シルバン・グボウォ(セウェ・スポーツ)
サユバ・マンデ(スタバエク)
バドラ・サンガレ(ASECミモザ)

▽DF
セルジュ・オーリエ(トゥールーズ)
ベンジャミン・アングア(バランシエンヌ)
ブリース・ジャ・ジェジェ(マルセイユ)
ジャン・ダニエル・アクパ・アクプロ(トゥールーズ)
ディディエ・ゾコラ(無所属)
コロ・トゥレ(リバプール)
スレイマン・バンバ(トラブゾンスポル)
アルトゥール・ボカ(シュツットガルト)
コンスタン・ジャクパ(フランクフルト)
ウスマヌ・ディアラスバ(リゼスポル)

▽MF
イスマイル・ティオテ(ニューカッスル)
セレイ・ディエ(バーゼル)
イスマエル・ディオマンデ(サンテティエンヌ)
ディディエ・ヤ・コナン(ハノーファー)
ヤヤ・トゥレ(マンチェスター・C)
マックス・グラデル(サンテティエンヌ)

▽FW
ディディエ・ドログバ(ガラタサライ)
ウィルフリード・ボニー(スウォンジー)
ジェルビーニョ(ローマ)
サロモン・カルー(リール)
ジョバンニ・シオ(バーゼル)
マティス・ボリ(デュッセルドルフ)
ラシナ・トラオレ(エバートン)
ドゥンビア・セイドゥ(CSKAモスクワ)

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?138852-138852-fl

ブラジルW杯日本代表メンバー23人選出

【GK】
川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
西川周作(浦和)
権田修一(FC東京)

【DF】
内田篤人(シャルケ)
今野泰幸(G大阪)
長友佑都(インテル)
森重真人(FC東京)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(ハノーファー)
酒井高徳(シュトゥットガルト)
伊野波雅彦(磐田)

【MF】
遠藤保仁(G大阪)
長谷部誠(ニュルンベルク)
山口蛍(C大阪)
青山敏弘(広島)

【FW】
本田圭佑(ミラン)
香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)
清武弘嗣(ニュルンベルク)
大久保嘉人(川崎F)
岡崎慎司(マインツ)
齋藤学(横浜FM)
柿谷曜一朗(C大阪)
大迫勇也(1860ミュンヘン)

http://www.goal.com/jp/news/2320/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8/2014/05/12/4812118/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%ABw%E6%9D%AF%E3%81%AB%E8%87%A8%E3%82%80%EF%BC%92%EF%BC%93%E5%90%8D%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%AE%9A

今の日本は怪我人多すぎ、コンディション悪すぎ。長谷部(半月盤の手術直後)、内田(肉離れ)、遠藤(慢性的な腰)、吉田(膝の靭帯)、本田(慢性化して治る見込みのない膝と足首)、宮市(何回目か忘れるくらいの怪我)、清武(スタメン外される位不調)。長友(完治はしそうにない半月板)ふくらはぎの問題が定期的再発のも気になる。調子がいいのは、岡崎と大久保、大迫くらい。

メンバーは保守的に以前出てた選手を選んだという形だろう。コンディション重視ならこうは選ばれないけど、今まで作ってきた戦術や連携があるからな。長い間試行錯誤してたこの三つだけは新しい選手にした印象

1.高さ対策ポストプレー役(旧前田的ポジション)
2.トップ下のサブ
3.遠藤長谷部の高齢化対策

 1の前田もマイクも豊田も高さがあるFWを全部切ってしまったのは気になるが、大迫が一応その役割で選ばれてそう。ただ、ちょっとプレースタイルは違う気がする。2のトップ下のサブは長い間中村憲剛か清武だったが結果的に清武を選んだっぽい。数字や調子のよさで言えば圧倒的に中村なんだけど、同じくらいの選手が居るなら若い方を選んだという事だから若さで清武だったのかなと。ただ、ザックは中村は清武よりは守備も良くてボランチでのプレーも期待出来たことを考えると戦術の幅は狭まって、随分先鋭化した切れ味鋭いけど脆い構成にした感は否めない。3番は結局細貝を外して青山という選択で、ここはどちらでもありえたけど代表での成績が良かったのは青山なので、数字で無難に決めてそうな雰囲気。

個人的には清武柿谷両方選んで、そこに大迫ってのはリスキーだなぁとは思う。いい勝負できるか、大敗するかの極端な結果もありえそうだから