プレミアで最も怪我が多いチームはアーセナル

2002年からの統計で、プレミアリーグの怪我を一覧にしたもの。アーセナルはこの12年間で900近い怪我がある。

BzzZ1XFCYAAta3I

Andy Kriebel @VizWizBI

A deep dive into @Arsenal’s horrendous injury record. It’s not the table they want to lead. http://bit.ly/ArsenalInjuries

https://twitter.com/VizWizBI/status/521531167808303105

トカゲじゃないから切れた尻尾は生えない

宮市が前十字じん帯断裂で長期離脱に…新天地加入からわずか1カ月 SOCCER KING 7月23日(木)23時25分配信

宮市が前十字じん帯断裂で長期離脱に…新天地加入からわずか1カ月

 ブンデスリーガ2部のザンクトパウリは23日、同クラブに所属するFW宮市亮が負傷したことを発表した。同クラブ公式HPが伝えている。

 発表によると、宮市は18日に行われた親善試合ラージョ・バジェカーノ戦で負傷。左ひざ前十字じん帯の断裂で23日に手術を受け、長期離脱を強いられる模様となっている。

 現在22歳の宮市は、2010年12月に中京大中京高校からアーセナルへ加入。フェイエノールトやボルトン、トゥエンテなどへのレンタル移籍を経験し、先月18日にザンクトパウリと3年契約を結んでいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00333521-soccerk-socc

人間はトカゲと違って切れた尻尾は生えてこない

残念だけど骨や筋肉と違って、関節や関節近くの靭帯などの怪我は基本的に一度やるとシツコク何度でも怪我をする。何故か体の中だと必ず治ると思っているような節が2chなどではあるが、指が取れてしまったら生えてこないように。物理的に壊されてしまうと戻らない怪我というのがある。特に関節、靭帯は基本治らない怪我だと思っていたほうがいいと思う。上手くやれば元の8割程度までは戻るとしても繰り返していくと明らかにパフォーマンスが落ちるし怪我をしている期間が長くなる。宮市は特にスピードが武器の選手だったのでそういう意味では大分厳しい。長友などもそうだけど身体能力が武器の選手の怪我は本当に致命的になる場合がある。過去にも怪我でつぶれた天才が日本人だけでも沢山いる。怪我は治るものという認識は少し問題があると思う。場合によっては、指が取れたら生えてこないのと同じであると認識していないといけない。怪我はしてはいけない。重大な怪我は選手生命を終わらせてしまう。

宮市の怪我の歴史

2011年11月 左足首捻挫
2012年04月 右肩負傷
2012年11月 右足首靭帯損傷
2013年03月 右足首靭帯損傷
2014年04月 左ハムストリング損傷
2015年07月 アキレス腱痛
2015年07月 左膝前十字靭帯損傷

このシーンに限らず、宮市へのスライディングや足を狙って蹴られるプレーは相当に荒く、怪我をしても当たり前かなと思うところも。酷いときには、明らかに蹴るぞと見方に合図を出した後宮市の足を蹴って払っていた時なども合った。確かにカードは出るのだが、その後の宮市の動きは痛みと恐れで鈍くなる。そして何度かやれば当然怪我をする。スターとしてリーグに守ってもらえるブランド力を持たない場合、プレミアはフィジカルで圧倒的に勝てる選手以外は向いてないと思う。

プレミアリーグの笛の特殊性

そういう意味でブランドで守られる前にプレミアに行ってしまうのは危険すぎる。宮市以外にウォルコットなどもそうだったが、プレミアのスピードスターは尽く怪我をしている。テクニックを重視するMFにもロシツキーやウィルシャーなど怪我が多い。しかも、ファールで止めてもカードが出ても、それで削れて潰せるならOKだというのがプレミアの守備。下手をしたらレッドが出なければ何をしてもいいというような雰囲気すらある。

CKm0zjOWEAErYo9.jpg large
Sky Sport News
‏@SkySportNewsHD

Kreuzbandriss: Der Japaner Ryo Miyaichi von St. Pauli fällt mehrere Monate aus. #ssnhd

https://twitter.com/SkySportNewsHD/status/624228876718342148

チャンピオンズリーグで通算100試合した監督はわずか4人

「UCL通算100試合を達成した4人の名将」というタイトルで uefa.com で前に記事が出ていたのだけど、たったの4人しかいないそうだ。しかも見てみると中々興味深かったので紹介

UCL通算100試合を達成した4人の名将 - UEFAチャンピオンズリーグ - ニュース - UEFA.com

監督としての戦績 — UEFAチャンピオンズリーグ(グループステージ以降決勝まで、敬称略)

カルロ・アンチェロッティ
112試合 57勝29分け26敗
勝率:51%
初采配:1997年9月17日、ACスパルタ・プラハ 0-0 パルマFC
50試合目:2005年2月23日、マンチェスター・ユナイテッドFC 0-1 ACミラン
100試合目:2010年10月19日、FCスパルタク・モスクワ 0-2 チェルシーFC

アレックス・ファーガソン
187試合 102勝48分け37敗
勝率:55%
初采配:1994年9月14日、マンチェスター・ユナイテッドFC 4-2 IFKイエーテボリ
50試合目:2000年9月13日、マンチェスター・ユナイテッドFC 5-1 RSCアンデルレヒト
100試合目:2004年2月25日、FCポルト 2-1 マンチェスター・ユナイテッドFC
150試合目:2009年4月15日、FCポルト 0-1 マンチェスター・ユナイテッドFC

ジョゼ・モウリーニョ
100試合 54勝26分け20敗
勝率:54%
初采配:2002年2月19日、レアル・マドリーCF 1-0 FCポルト
50試合目:2007年9月18日、チェルシーFC 1-1 ローゼンボリBK
100試合目:2012年11月21日、マンチェスター・シティーFC 1-1 レアル・マドリーCF

アーセン・ベンゲル
149試合 68勝39分け42敗
勝率:46%
初采配:1993年11月24日、ASモナコFC 4-1 FCスパルタク・モスクワ
50試合目:2002年10月30日、ボルシア・ドルトムント 2-1 アーセナルFC
100試合目:2007年11月7日、SKスラビア・プラハ 0-0 アーセナルFC

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1900019.html

なでしこジャパンW杯2015準優勝のピッチに浮かぶ光と影

なでしこジャパン FIFA女子ワールドカップ カナダ 2015 準優勝 http://bit.ly/1H2z6cJ #jfa #daihyo

なでしこW杯準優勝
https://twitter.com/jfa_samuraiblue/status/617865666062741504

ほぼアウェイで不利な条件

この試合のピッチの上には強烈な光と影が映し出されていた。日本だけ前半は一方的に日差しの条件が悪く、後半には日が傾きアメリカにはそれほど影響が出てないなど、素直にアメリカを褒めたくない気がする試合ではあった。もう一度やれば日本はもっと勝てるチャンスがあると思うし、実際点数以上に僅差の実力だったのではないだろうか。

ポゼッションで支配できるもの

もやもやしたものは残るが、ピッチの条件を直ぐに察知して試合のペースを落として、チャレンジを減らしたり、つなぐのに徹したりとかそういう工夫は必要だったと思う。前半のあの眩しい時間をもっと確実に通り抜けて、後半で勝負という戦略だって立てれたはず。そして日本代表は自陣に引いて守備というよりボールを回してつなぐ攻撃が得意だったので選択しとしては選べた一つだったのではないかと思う。この試合の教訓としては、アウェイにおいては、可能な限り条件が良い場所でボールを回し、太陽の光や時刻すらポゼッションで支配しなければいけないという事だと思う。

それでも準優勝

試合日程の関係上試合間隔も日本の方が短く、ピッチもショートパスでつなぐ日本に不利な人工芝、会場はアメリカ人だらけ、審判も少し会場の雰囲気に影響されアメリカより、ほぼアウェイの会場。更に太陽光が差し込みハイボールに弱い日本には問題を引き起こす条件。かなり日本に不利な条件だったにもかかわらず、相当良い勝負を見せて準優勝。戦略や政治的には随分負けたが、それは選手の問題ではない。選手のレベルにおいては十分にその不利を挽回したと思う。


https://www.youtube.com/watch?v=3sNlHyHI25A